• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2勝目挙げた日ハム大谷 体調戻るまで「投手専念」のススメ

「最悪でも七回は投げきりたかったです」
 20日の楽天戦で投手として今季2勝目を挙げた日本ハム・大谷が試合後、笑顔も見せずにこう言った。

 六回まで6安打も無四球無失点。直球の最速も154キロを記録しながら、七回に連打と四球で無死満塁のピンチをつくり、味方の失策も重なって2失点した。完封ペースが一転、走者を残しての途中降板になったのだから、本人は悔しかったのだろう。

 ただ、自責点「0」、チームの連敗を「3」で止めた投球内容は評価していい。
 日本ハムの投手陣は現在、エース格の吉川が不調、守護神の武田久がインフルエンザを患い、共に抹消中。武田勝もいまだ勝ち星がなく、「投壊状態」が続く。その中で、きっちり試合をつくる大谷の存在は際立つ。今後、投手陣の軸となるべきなのは、この日の投球からも改めてハッキリしたはずである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る