• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2勝目挙げた日ハム大谷 体調戻るまで「投手専念」のススメ

「最悪でも七回は投げきりたかったです」
 20日の楽天戦で投手として今季2勝目を挙げた日本ハム・大谷が試合後、笑顔も見せずにこう言った。

 六回まで6安打も無四球無失点。直球の最速も154キロを記録しながら、七回に連打と四球で無死満塁のピンチをつくり、味方の失策も重なって2失点した。完封ペースが一転、走者を残しての途中降板になったのだから、本人は悔しかったのだろう。

 ただ、自責点「0」、チームの連敗を「3」で止めた投球内容は評価していい。
 日本ハムの投手陣は現在、エース格の吉川が不調、守護神の武田久がインフルエンザを患い、共に抹消中。武田勝もいまだ勝ち星がなく、「投壊状態」が続く。その中で、きっちり試合をつくる大谷の存在は際立つ。今後、投手陣の軸となるべきなのは、この日の投球からも改めてハッキリしたはずである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る