2勝目挙げた日ハム大谷 体調戻るまで「投手専念」のススメ

公開日:  更新日:

「最悪でも七回は投げきりたかったです」
 20日の楽天戦で投手として今季2勝目を挙げた日本ハム・大谷が試合後、笑顔も見せずにこう言った。

 六回まで6安打も無四球無失点。直球の最速も154キロを記録しながら、七回に連打と四球で無死満塁のピンチをつくり、味方の失策も重なって2失点した。完封ペースが一転、走者を残しての途中降板になったのだから、本人は悔しかったのだろう。

 ただ、自責点「0」、チームの連敗を「3」で止めた投球内容は評価していい。
 日本ハムの投手陣は現在、エース格の吉川が不調、守護神の武田久がインフルエンザを患い、共に抹消中。武田勝もいまだ勝ち星がなく、「投壊状態」が続く。その中で、きっちり試合をつくる大谷の存在は際立つ。今後、投手陣の軸となるべきなのは、この日の投球からも改めてハッキリしたはずである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る