日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また首の張りを訴え…チームに広がる「ダル登板回避」の波紋

首の張りは今季2回目

 今年の春先に首の張りで故障者リスト(DL)入りしたレンジャーズのダルビッシュ有(27)が、同様の症状を訴え27日(日本時間28日)のツインズ戦登板を回避した。

 同日午後、ミネアポリス市内の病院でMRI検査を受けた結果、骨や筋肉に異常は見られなかった。投薬で対処し、今後や次回登板については28日の様子を見て決めるという。

 ダルは3月のオープン戦中にも同じ症状を訴えてDL入りしているが、「彼(ダル)はスプリングトレーニングのときほどヒドくはないと言っている。けれども今回は2回目なので、我々は慎重に対処しなければならない」とはダニエルズGMだ。

 GMは「2回目」と言ったとはいえ、ダルが首やその周辺の痛みを訴えたのはメジャー移籍後3回目だ。昨季の前半戦終了間際の7月10日、右僧帽筋(首の付け根から背中に広がる筋肉)の張りでDL入り。選手間投票で選出されたオールスターを欠場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事