また首の張りを訴え…チームに広がる「ダル登板回避」の波紋

公開日:  更新日:

首の張りは今季2回目

 今年の春先に首の張りで故障者リスト(DL)入りしたレンジャーズのダルビッシュ有(27)が、同様の症状を訴え27日(日本時間28日)のツインズ戦登板を回避した。

 同日午後、ミネアポリス市内の病院でMRI検査を受けた結果、骨や筋肉に異常は見られなかった。投薬で対処し、今後や次回登板については28日の様子を見て決めるという。

 ダルは3月のオープン戦中にも同じ症状を訴えてDL入りしているが、「彼(ダル)はスプリングトレーニングのときほどヒドくはないと言っている。けれども今回は2回目なので、我々は慎重に対処しなければならない」とはダニエルズGMだ。

 GMは「2回目」と言ったとはいえ、ダルが首やその周辺の痛みを訴えたのはメジャー移籍後3回目だ。昨季の前半戦終了間際の7月10日、右僧帽筋(首の付け根から背中に広がる筋肉)の張りでDL入り。選手間投票で選出されたオールスターを欠場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る