ダル4勝目も…メジャー屈指の敵主砲には“完敗”で苦汁の顔

公開日: 更新日:

7回 6安打 6三振 2失点

 会心の勝利とはならなかった。レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が22日(日本時間23日)のタイガース戦に登板。7回を6安打2失点、6奪三振、3四球で4勝目(2敗)をマークした。

 相手のタイガース打線は2年連続ア・リーグMVPを受賞したM・カブレラを中心にスラッガーが顔を揃え、チーム打率2割7分5厘はリーグトップ。対戦を前に「メジャーでもナンバーワンとか2番目とかを争う打線」と話していた強力打線に立ち上がりは手探りの投球が続いた。勝負できる決め球がなかなか見つからなかったのだろう。相手打者によって変化球を投げ分けて、調子を見極めるなど、試行錯誤を繰り返した。

 ここ3試合でバッテリーを組んできたアレンシビアが打撃不振で3Aに降格。この日、マスクをかぶったのは20日に傘下のマイナー3Aラウンドロックから昇格したばかりのジメネス。メジャー経験の浅い捕手とはマウンドを降りるたびに配球に関して話し合うシーンも見られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る