ダル4勝目も…メジャー屈指の敵主砲には“完敗”で苦汁の顔

公開日:  更新日:

7回 6安打 6三振 2失点

 会心の勝利とはならなかった。レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が22日(日本時間23日)のタイガース戦に登板。7回を6安打2失点、6奪三振、3四球で4勝目(2敗)をマークした。

 相手のタイガース打線は2年連続ア・リーグMVPを受賞したM・カブレラを中心にスラッガーが顔を揃え、チーム打率2割7分5厘はリーグトップ。対戦を前に「メジャーでもナンバーワンとか2番目とかを争う打線」と話していた強力打線に立ち上がりは手探りの投球が続いた。勝負できる決め球がなかなか見つからなかったのだろう。相手打者によって変化球を投げ分けて、調子を見極めるなど、試行錯誤を繰り返した。

 ここ3試合でバッテリーを組んできたアレンシビアが打撃不振で3Aに降格。この日、マスクをかぶったのは20日に傘下のマイナー3Aラウンドロックから昇格したばかりのジメネス。メジャー経験の浅い捕手とはマウンドを降りるたびに配球に関して話し合うシーンも見られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る