日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

200日ぶり実戦の巨人・沢村 “ダルの助言”で劇的な進化

 巨人の沢村拓一(26)がやっと投げた。昨年11月3日の日本シリーズ第7戦以来、200日ぶりの実戦となる22日の日本ハムとの二軍戦に六回から2番手で登板。1イニングを3人でピシャリ。最速は151キロだった。

 沢村は春のキャンプイン早々、右肩痛を発症して二軍でリハビリに取り組んでいた。

 現在、巨人の先発ローテは4人のみ。原監督はこの日、「スターターとしては日本で一、二を争うスピードを持っている。コンディションさえ良ければ戦える」と剛腕の復帰を喜んだ。

 11年11勝11敗、12年10勝10敗ときて、13年は5勝10敗。シーズン終盤は中継ぎに回った。

■方針転換はダルの影響

 今年は「頭」が変わった。これまではヒマさえあれば筋力トレーニングに励み、筋肉隆々の体から150キロ超の速球で相手を「制圧」することをテーマにしていた。誰もが憧れる速球は確かに武器だが、制球、特に変化球の精度が悪く、結果が伴わなかった。チームメートからは「頭も筋肉」と揶揄(やゆ)されていた。しかし、今年は恒例の内海らとのグアム自主トレにも同行せず、沢村の中で何かが変わっていた。さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事