200日ぶり実戦の巨人・沢村 “ダルの助言”で劇的な進化

公開日: 更新日:

 巨人沢村拓一(26)がやっと投げた。昨年11月3日の日本シリーズ第7戦以来、200日ぶりの実戦となる22日の日本ハムとの二軍戦に六回から2番手で登板。1イニングを3人でピシャリ。最速は151キロだった。

 沢村は春のキャンプイン早々、右肩痛を発症して二軍でリハビリに取り組んでいた。

 現在、巨人の先発ローテは4人のみ。原監督はこの日、「スターターとしては日本で一、二を争うスピードを持っている。コンディションさえ良ければ戦える」と剛腕の復帰を喜んだ。

 11年11勝11敗、12年10勝10敗ときて、13年は5勝10敗。シーズン終盤は中継ぎに回った。

■方針転換はダルの影響

 今年は「頭」が変わった。これまではヒマさえあれば筋力トレーニングに励み、筋肉隆々の体から150キロ超の速球で相手を「制圧」することをテーマにしていた。誰もが憧れる速球は確かに武器だが、制球、特に変化球の精度が悪く、結果が伴わなかった。チームメートからは「頭も筋肉」と揶揄(やゆ)されていた。しかし、今年は恒例の内海らとのグアム自主トレにも同行せず、沢村の中で何かが変わっていた。さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る