「彼には時間が必要」 日ハム・ミランダが巨人セペダの不調を語る

公開日:  更新日:

 日本ハムのフアン・ミランダ(31)は27日現在、打率こそ.240ながら、打点はチームトップでリーグ2位の「32」と好調だ。昨秋のキャンプで入団テストを受けて合格。当初は同じキューバ出身で昨季本塁打王の同僚アブレイユの「サブ」という位置付けだったが、今や立場は逆転しつつある。巨人に途中加入した母国の大物選手セペダとも親交が深い助っ人に聞いた。

――ちょっといいですか?

「なんだ?」

――4月に打率.189、2本塁打、11打点だった成績が5月に入って急上昇。好調の要因は何ですか?

「日本の投手に慣れたのが大きいかな。キューバやメジャーに比べ、日本の投手は変化球が多い。この配球に慣れるには、時間が必要だった。今は相手投手のこともわかってきた。これは打者にとって大きい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る