• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「彼には時間が必要」 日ハム・ミランダが巨人セペダの不調を語る

 日本ハムのフアン・ミランダ(31)は27日現在、打率こそ.240ながら、打点はチームトップでリーグ2位の「32」と好調だ。昨秋のキャンプで入団テストを受けて合格。当初は同じキューバ出身で昨季本塁打王の同僚アブレイユの「サブ」という位置付けだったが、今や立場は逆転しつつある。巨人に途中加入した母国の大物選手セペダとも親交が深い助っ人に聞いた。

――ちょっといいですか?

「なんだ?」

――4月に打率.189、2本塁打、11打点だった成績が5月に入って急上昇。好調の要因は何ですか?

「日本の投手に慣れたのが大きいかな。キューバやメジャーに比べ、日本の投手は変化球が多い。この配球に慣れるには、時間が必要だった。今は相手投手のこともわかってきた。これは打者にとって大きい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る