「彼には時間が必要」 日ハム・ミランダが巨人セペダの不調を語る

公開日:  更新日:

 日本ハムのフアン・ミランダ(31)は27日現在、打率こそ.240ながら、打点はチームトップでリーグ2位の「32」と好調だ。昨秋のキャンプで入団テストを受けて合格。当初は同じキューバ出身で昨季本塁打王の同僚アブレイユの「サブ」という位置付けだったが、今や立場は逆転しつつある。巨人に途中加入した母国の大物選手セペダとも親交が深い助っ人に聞いた。

――ちょっといいですか?

「なんだ?」

――4月に打率.189、2本塁打、11打点だった成績が5月に入って急上昇。好調の要因は何ですか?

「日本の投手に慣れたのが大きいかな。キューバやメジャーに比べ、日本の投手は変化球が多い。この配球に慣れるには、時間が必要だった。今は相手投手のこともわかってきた。これは打者にとって大きい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る