巨人初のキューバ人選手アンダーソン 米メジャーでの苦い“過去”

公開日:  更新日:

「気の毒と言えば、気の毒な選手です」

 メジャーリーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏が言う。

 28日に来日した巨人の新外国人、レスリー・アンダーソン(31=前レイズ3Aダーラム)。球団史上初のキューバ出身助っ人として注目が集まる一方、09年の亡命後に所属したレイズでは一度もメジャーに昇格しないままクビを切られた。

「悪い選手じゃありません。今回の来日前にプレーしたベネズエラのウインターリーグでも、43試合に出場して打率.325、4本塁打、27打点。25個の四球を選び、三振は18と少ない。対右投手の打率が.341に対して、左投手に.270と数字が落ちるのは気になるものの、選球眼のいい巧打の中距離ヒッターと評価できる。守備も外野と一塁をこなせる、器用な左打者です」(友成氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る