巨人初のキューバ人選手アンダーソン 米メジャーでの苦い“過去”

公開日:  更新日:

「気の毒と言えば、気の毒な選手です」

 メジャーリーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏が言う。

 28日に来日した巨人の新外国人、レスリー・アンダーソン(31=前レイズ3Aダーラム)。球団史上初のキューバ出身助っ人として注目が集まる一方、09年の亡命後に所属したレイズでは一度もメジャーに昇格しないままクビを切られた。

「悪い選手じゃありません。今回の来日前にプレーしたベネズエラのウインターリーグでも、43試合に出場して打率.325、4本塁打、27打点。25個の四球を選び、三振は18と少ない。対右投手の打率が.341に対して、左投手に.270と数字が落ちるのは気になるものの、選球眼のいい巧打の中距離ヒッターと評価できる。守備も外野と一塁をこなせる、器用な左打者です」(友成氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  7. 7

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  8. 8

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  9. 9

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る