• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「4番・DH」で足かせに…キューバの主砲セペダに巨人困惑

 26日の日本ハム戦でも「4番・DH」でスタメン出場した巨人のセペダ(34)。交流戦前、原監督は「守って打つリズムを崩したくない」と言って、このキューバからの助っ人のDH起用に否定的だったが、どういうわけか。さる球団関係者がこう言った。

「当初は首や足に不安がある阿部を主にDHにして、新人の小林を捕手で使う構想もあった。それが、(DH制が採用されない)24日のロッテ戦で左翼に飛んだ打球をセペダがモタモタ追って満塁の走者が一掃。強風が吹いていたとはいえ、原監督はこの時、ベンチで何やら言葉を発して怒り心頭といった感じだった。そこまで先発の菅野は相手打線を無安打に抑えていた。ベンチもみんな<え~>ってずっこけたし、<ただのレフトフライだろ!>と監督だけじゃなく、マウンドの菅野だって思ったでしょう」

■ラミレス、ペタジーニ級の左翼守備

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る