「4番・DH」で足かせに…キューバの主砲セペダに巨人困惑

公開日: 更新日:

 26日の日本ハム戦でも「4番・DH」でスタメン出場した巨人のセペダ(34)。交流戦前、原監督は「守って打つリズムを崩したくない」と言って、このキューバからの助っ人のDH起用に否定的だったが、どういうわけか。さる球団関係者がこう言った。

「当初は首や足に不安がある阿部を主にDHにして、新人の小林を捕手で使う構想もあった。それが、(DH制が採用されない)24日のロッテ戦で左翼に飛んだ打球をセペダがモタモタ追って満塁の走者が一掃。強風が吹いていたとはいえ、原監督はこの時、ベンチで何やら言葉を発して怒り心頭といった感じだった。そこまで先発の菅野は相手打線を無安打に抑えていた。ベンチもみんな<え~>ってずっこけたし、<ただのレフトフライだろ!>と監督だけじゃなく、マウンドの菅野だって思ったでしょう」

■ラミレス、ペタジーニ級の左翼守備

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る