「4番・DH」で足かせに…キューバの主砲セペダに巨人困惑

公開日:  更新日:

 26日の日本ハム戦でも「4番・DH」でスタメン出場した巨人のセペダ(34)。交流戦前、原監督は「守って打つリズムを崩したくない」と言って、このキューバからの助っ人のDH起用に否定的だったが、どういうわけか。さる球団関係者がこう言った。

「当初は首や足に不安がある阿部を主にDHにして、新人の小林を捕手で使う構想もあった。それが、(DH制が採用されない)24日のロッテ戦で左翼に飛んだ打球をセペダがモタモタ追って満塁の走者が一掃。強風が吹いていたとはいえ、原監督はこの時、ベンチで何やら言葉を発して怒り心頭といった感じだった。そこまで先発の菅野は相手打線を無安打に抑えていた。ベンチもみんな<え~>ってずっこけたし、<ただのレフトフライだろ!>と監督だけじゃなく、マウンドの菅野だって思ったでしょう」

■ラミレス、ペタジーニ級の左翼守備

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る