単独使命方針から一転…広島が「ドラフト戦略」大転換の狙い

公開日:  更新日:

「今年は思い切った冒険をするかどうか……」

 28日にスカウト会議を行った広島の松田オーナーがこう言った。社会人から高校まで20人ほどの候補をビデオでチェック。「今の段階では候補は出ない。夏の甲子園が終わってから、絞りこむ」と話したオーナーだが、この「冒険する」という選手は、「大学ナンバーワン投手」といわれる早大の有原航平(4年)のことだろう。

 有原は、カープの地元・広島の広陵高から早大に進学。最速156キロの速球、縦スライダー、チェンジアップが武器の本格派右腕。4年春のリーグ戦で5勝0敗、防御率1.23をマークし、ここまで通算18勝を挙げている。巨人の原沢GMが「スピード、球種、身体能力、非常にスケールの大きさを感じる」と大絶賛しているように、多くの球団が有原を1位候補としている今秋ドラフトの目玉投手。スカウト間では「1年目からエース級の活躍が期待できる。ドラフトで競合は必至。4球団、いや5球団が1位でいくかもしれない」と言われる逸材だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る