単独使命方針から一転…広島が「ドラフト戦略」大転換の狙い

公開日: 更新日:

「今年は思い切った冒険をするかどうか……」

 28日にスカウト会議を行った広島の松田オーナーがこう言った。社会人から高校まで20人ほどの候補をビデオでチェック。「今の段階では候補は出ない。夏の甲子園が終わってから、絞りこむ」と話したオーナーだが、この「冒険する」という選手は、「大学ナンバーワン投手」といわれる早大の有原航平(4年)のことだろう。

 有原は、カープの地元・広島の広陵高から早大に進学。最速156キロの速球、縦スライダー、チェンジアップが武器の本格派右腕。4年春のリーグ戦で5勝0敗、防御率1.23をマークし、ここまで通算18勝を挙げている。巨人の原沢GMが「スピード、球種、身体能力、非常にスケールの大きさを感じる」と大絶賛しているように、多くの球団が有原を1位候補としている今秋ドラフトの目玉投手。スカウト間では「1年目からエース級の活躍が期待できる。ドラフトで競合は必至。4球団、いや5球団が1位でいくかもしれない」と言われる逸材だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  7. 7

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る