単独使命方針から一転…広島が「ドラフト戦略」大転換の狙い

公開日: 更新日:

「今年は思い切った冒険をするかどうか……」

 28日にスカウト会議を行った広島の松田オーナーがこう言った。社会人から高校まで20人ほどの候補をビデオでチェック。「今の段階では候補は出ない。夏の甲子園が終わってから、絞りこむ」と話したオーナーだが、この「冒険する」という選手は、「大学ナンバーワン投手」といわれる早大の有原航平(4年)のことだろう。

 有原は、カープの地元・広島の広陵高から早大に進学。最速156キロの速球、縦スライダー、チェンジアップが武器の本格派右腕。4年春のリーグ戦で5勝0敗、防御率1.23をマークし、ここまで通算18勝を挙げている。巨人の原沢GMが「スピード、球種、身体能力、非常にスケールの大きさを感じる」と大絶賛しているように、多くの球団が有原を1位候補としている今秋ドラフトの目玉投手。スカウト間では「1年目からエース級の活躍が期待できる。ドラフトで競合は必至。4球団、いや5球団が1位でいくかもしれない」と言われる逸材だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

もっと見る