1年目から活躍続々 広島のスカウト部長が語る「新人育成法」

公開日:  更新日:

「それではダメなんです」

 少し語気を強めて、広島の苑田スカウト統括部長がこう言った。1年目から先発ローテ入り、4勝をマークするドラフト1位の大瀬良大地(22=九共大)について、ライバル球団の某スカウトの以下のような発言をぶつけた時だった。

「素材は抜群だが、先発で1年間投げ抜くのは難しいと思う。長いイニングを投げるスタミナに課題がある。本格化するのは1年間、下でじっくりと鍛えてからだろう」

 アマ選手はシーズンを通してのプレー経験がないから……。そんな意見に反して、大瀬良は1年目から活躍している。加えて13日に先発し7回1失点と好投した同2位の九里亜蓮(22=亜大)ら4新人が一軍でプレー(13日現在)。優勝を争うライバルの巨人、阪神と比べ選手層が厚いとはいえない事情もあろうが、苑田部長はこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る