初回に26得点の電光石火 広島に花開いた「速攻」の意識

公開日: 更新日:



 電光石火の攻撃だった。広島は18日の巨人戦の初回、先頭の梵が中前打で出塁し、続く菊池が初球の直球を2ラン。わずか6球で2点を奪うと、その後もエルドレッドの2本塁打などで追加点を挙げ、10得点の圧勝。東京ドームの対巨人戦で4年ぶりの勝ち越しだ。

 今季の広島は鮮やかな速攻で主導権を握る試合が多い。7-2で巨人に勝利した16日は、初回にエルドレッドの2ランなどで3点を先制するまでに要した球数はわずか9球だった。今季、初回の得点数は26。ヤクルトの39得点には及ばないが、上位を争う巨人(20点)、阪神(11点)の上をいく。

 新井打撃コーチは言う。
「先制攻撃は基本。前に飛ばせばチャンスは出てくる。1球目にいい球が来たから打つのではなく、1球目から振ってやろうと思っていかないと。たとえ3ボールになっても、四球を狙うのではなく、狙い球が来たら打っていくという意識を持つことが大切」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  5. 5

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  6. 6

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る