初回に26得点の電光石火 広島に花開いた「速攻」の意識

公開日: 更新日:



 電光石火の攻撃だった。広島は18日の巨人戦の初回、先頭の梵が中前打で出塁し、続く菊池が初球の直球を2ラン。わずか6球で2点を奪うと、その後もエルドレッドの2本塁打などで追加点を挙げ、10得点の圧勝。東京ドームの対巨人戦で4年ぶりの勝ち越しだ。

 今季の広島は鮮やかな速攻で主導権を握る試合が多い。7-2で巨人に勝利した16日は、初回にエルドレッドの2ランなどで3点を先制するまでに要した球数はわずか9球だった。今季、初回の得点数は26。ヤクルトの39得点には及ばないが、上位を争う巨人(20点)、阪神(11点)の上をいく。

 新井打撃コーチは言う。
「先制攻撃は基本。前に飛ばせばチャンスは出てくる。1球目にいい球が来たから打つのではなく、1球目から振ってやろうと思っていかないと。たとえ3ボールになっても、四球を狙うのではなく、狙い球が来たら打っていくという意識を持つことが大切」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る