初回に26得点の電光石火 広島に花開いた「速攻」の意識

公開日:  更新日:



 電光石火の攻撃だった。広島は18日の巨人戦の初回、先頭の梵が中前打で出塁し、続く菊池が初球の直球を2ラン。わずか6球で2点を奪うと、その後もエルドレッドの2本塁打などで追加点を挙げ、10得点の圧勝。東京ドームの対巨人戦で4年ぶりの勝ち越しだ。

 今季の広島は鮮やかな速攻で主導権を握る試合が多い。7-2で巨人に勝利した16日は、初回にエルドレッドの2ランなどで3点を先制するまでに要した球数はわずか9球だった。今季、初回の得点数は26。ヤクルトの39得点には及ばないが、上位を争う巨人(20点)、阪神(11点)の上をいく。

 新井打撃コーチは言う。
「先制攻撃は基本。前に飛ばせばチャンスは出てくる。1球目にいい球が来たから打つのではなく、1球目から振ってやろうと思っていかないと。たとえ3ボールになっても、四球を狙うのではなく、狙い球が来たら打っていくという意識を持つことが大切」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る