初回に26得点の電光石火 広島に花開いた「速攻」の意識

公開日:  更新日:



 電光石火の攻撃だった。広島は18日の巨人戦の初回、先頭の梵が中前打で出塁し、続く菊池が初球の直球を2ラン。わずか6球で2点を奪うと、その後もエルドレッドの2本塁打などで追加点を挙げ、10得点の圧勝。東京ドームの対巨人戦で4年ぶりの勝ち越しだ。

 今季の広島は鮮やかな速攻で主導権を握る試合が多い。7-2で巨人に勝利した16日は、初回にエルドレッドの2ランなどで3点を先制するまでに要した球数はわずか9球だった。今季、初回の得点数は26。ヤクルトの39得点には及ばないが、上位を争う巨人(20点)、阪神(11点)の上をいく。

 新井打撃コーチは言う。
「先制攻撃は基本。前に飛ばせばチャンスは出てくる。1球目にいい球が来たから打つのではなく、1球目から振ってやろうと思っていかないと。たとえ3ボールになっても、四球を狙うのではなく、狙い球が来たら打っていくという意識を持つことが大切」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る