広島エルドにパ球団スコアラー警戒「選球眼が昨季と段違い」

公開日: 更新日:

首位 広島のポイントゲッター

「今年はやるんじゃないか」

 広島OBが自信ありげにこう言った。20日から開幕する交流戦。セ首位を快走する広島はひとつの正念場を迎える。昨季は11勝13敗で借金2。10年に野村監督が就任以来、4年連続負け越しで通算は37勝52敗7分け。19日、ソフトバンクとの開幕戦を前に練習した野村監督は、「勢いを本物にしていくためにも交流戦は大事。初めて勝ち越せるように」と意欲を燃やした。「鬼門」の突破が今季の優勝争いを左右しそうだ。

■1stストライクを「好球必打」の効果

 前田健ら先発陣、一岡らリリーフ陣が安定する投手力は武器となりそうだが、キーマンとなるのは18日の巨人戦で2本塁打6打点の大活躍をするなど、打率.356、15本塁打、47打点と絶好調の主砲・エルドレッドか。パ球団のスコアラーはこう警戒する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  8. 8

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る