• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島エルドにパ球団スコアラー警戒「選球眼が昨季と段違い」

首位 広島のポイントゲッター

「今年はやるんじゃないか」

 広島OBが自信ありげにこう言った。20日から開幕する交流戦。セ首位を快走する広島はひとつの正念場を迎える。昨季は11勝13敗で借金2。10年に野村監督が就任以来、4年連続負け越しで通算は37勝52敗7分け。19日、ソフトバンクとの開幕戦を前に練習した野村監督は、「勢いを本物にしていくためにも交流戦は大事。初めて勝ち越せるように」と意欲を燃やした。「鬼門」の突破が今季の優勝争いを左右しそうだ。

■1stストライクを「好球必打」の効果

 前田健ら先発陣、一岡らリリーフ陣が安定する投手力は武器となりそうだが、キーマンとなるのは18日の巨人戦で2本塁打6打点の大活躍をするなど、打率.356、15本塁打、47打点と絶好調の主砲・エルドレッドか。パ球団のスコアラーはこう警戒する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る