• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島快進撃の秘密は「試合時間」にあった!…今季平均セ最短

セ最短の平均3時間9分

「広島戦は試合が早く終わるからいいですよ。それに比べてヤクルトやDeNA戦は……」

 ネット裏のスコアラー陣が口を揃えてこう言う。広島は14日の阪神戦、ローテの谷間で今季初先発した小野が5回3失点。九回に1点差まで追いつめたものの、敗れた。

 ただ、終わってみれば九回に登板した永川勝が緊急降板するなど試合がもつれながら、試合時間は3時間3分。今季の広島、平均試合時間が約3時間9分(14日現在)と、セで最も短い(NPB発表の12球団平均は3時間19分=1日現在)。しかも、ここまで2時間台の試合が何と14試合。最短は4月29日、0-1で敗れた阪神戦の2時間00分。4時間以上の試合はわずか3試合という“省エネ”ぶりだ。

「今年の広島は、強かった頃の中日のような試合運びをしている」とは、野球評論家の福間納氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る