広島快進撃の秘密は「試合時間」にあった!…今季平均セ最短

公開日: 更新日:

セ最短の平均3時間9分

広島戦は試合が早く終わるからいいですよ。それに比べてヤクルトやDeNA戦は……」

 ネット裏のスコアラー陣が口を揃えてこう言う。広島は14日の阪神戦、ローテの谷間で今季初先発した小野が5回3失点。九回に1点差まで追いつめたものの、敗れた。

 ただ、終わってみれば九回に登板した永川勝が緊急降板するなど試合がもつれながら、試合時間は3時間3分。今季の広島、平均試合時間が約3時間9分(14日現在)と、セで最も短い(NPB発表の12球団平均は3時間19分=1日現在)。しかも、ここまで2時間台の試合が何と14試合。最短は4月29日、0-1で敗れた阪神戦の2時間00分。4時間以上の試合はわずか3試合という“省エネ”ぶりだ。

「今年の広島は、強かった頃の中日のような試合運びをしている」とは、野球評論家の福間納氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  6. 6

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る