広島快進撃の秘密は「試合時間」にあった!…今季平均セ最短

公開日: 更新日:

セ最短の平均3時間9分

広島戦は試合が早く終わるからいいですよ。それに比べてヤクルトやDeNA戦は……」

 ネット裏のスコアラー陣が口を揃えてこう言う。広島は14日の阪神戦、ローテの谷間で今季初先発した小野が5回3失点。九回に1点差まで追いつめたものの、敗れた。

 ただ、終わってみれば九回に登板した永川勝が緊急降板するなど試合がもつれながら、試合時間は3時間3分。今季の広島、平均試合時間が約3時間9分(14日現在)と、セで最も短い(NPB発表の12球団平均は3時間19分=1日現在)。しかも、ここまで2時間台の試合が何と14試合。最短は4月29日、0-1で敗れた阪神戦の2時間00分。4時間以上の試合はわずか3試合という“省エネ”ぶりだ。

「今年の広島は、強かった頃の中日のような試合運びをしている」とは、野球評論家の福間納氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  10. 10

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る