日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逆転2ラン 広島とドミニカの「カープ」救うロサリオの貢献

「これでアカデミーも勢いを取り戻してくれたら」
 広島のチーム関係者も、ドミニカンの活躍に目を細めた。

 交流戦開幕から4連敗で迎えた25日の西武戦。0-1の四回にロサリオ(25)が逆転2ランを放ち、連敗ストップに大きく貢献した。

 この助っ人は、ドミニカ共和国にある広島の「カープアカデミー」出身。もともとカージナルス2Aでプレーしていたが、解雇されて昨年7月にアカデミーに拾われた。広島の昨秋キャンプにテスト生として参加。打撃力を買われて、契約金1000万円、年俸1000万円プラス出来高の1年契約で入団が決定した。

 広島のキャンプにアカデミー出身の野手がやってきたのは、実に9年ぶり。近年、カープアカデミーは衰退の一途をたどった。90年に6億円を投じて設立され、27万平方メートルの広大な敷地に4面のグラウンドなどを備える。95年にはカープで15勝を挙げたチェコ、ヤンキースで活躍するソリアーノら大物を輩出し、最盛期は30人以上の選手を抱えたこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事