• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逆転2ラン 広島とドミニカの「カープ」救うロサリオの貢献

「これでアカデミーも勢いを取り戻してくれたら」
 広島のチーム関係者も、ドミニカンの活躍に目を細めた。

 交流戦開幕から4連敗で迎えた25日の西武戦。0-1の四回にロサリオ(25)が逆転2ランを放ち、連敗ストップに大きく貢献した。

 この助っ人は、ドミニカ共和国にある広島の「カープアカデミー」出身。もともとカージナルス2Aでプレーしていたが、解雇されて昨年7月にアカデミーに拾われた。広島の昨秋キャンプにテスト生として参加。打撃力を買われて、契約金1000万円、年俸1000万円プラス出来高の1年契約で入団が決定した。

 広島のキャンプにアカデミー出身の野手がやってきたのは、実に9年ぶり。近年、カープアカデミーは衰退の一途をたどった。90年に6億円を投じて設立され、27万平方メートルの広大な敷地に4面のグラウンドなどを備える。95年にはカープで15勝を挙げたチェコ、ヤンキースで活躍するソリアーノら大物を輩出し、最盛期は30人以上の選手を抱えたこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る