• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逆転2ラン 広島とドミニカの「カープ」救うロサリオの貢献

「これでアカデミーも勢いを取り戻してくれたら」
 広島のチーム関係者も、ドミニカンの活躍に目を細めた。

 交流戦開幕から4連敗で迎えた25日の西武戦。0-1の四回にロサリオ(25)が逆転2ランを放ち、連敗ストップに大きく貢献した。

 この助っ人は、ドミニカ共和国にある広島の「カープアカデミー」出身。もともとカージナルス2Aでプレーしていたが、解雇されて昨年7月にアカデミーに拾われた。広島の昨秋キャンプにテスト生として参加。打撃力を買われて、契約金1000万円、年俸1000万円プラス出来高の1年契約で入団が決定した。

 広島のキャンプにアカデミー出身の野手がやってきたのは、実に9年ぶり。近年、カープアカデミーは衰退の一途をたどった。90年に6億円を投じて設立され、27万平方メートルの広大な敷地に4面のグラウンドなどを備える。95年にはカープで15勝を挙げたチェコ、ヤンキースで活躍するソリアーノら大物を輩出し、最盛期は30人以上の選手を抱えたこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る