日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君連勝ストップ 攻略“仕掛人”はカブス日本人スタッフ

 ルーキー右腕の連勝を止めた裏に日本人スタッフの眼力があった。ヤンキース・田中将大(25)にメジャー初黒星をつけたカブスのことだ。

 4月の対戦では田中のスプリットにねじ伏せられた。レンテリア監督がこの日の試合前に「途中まで速球に見える。高めの球を捉えないと」と話した通り、カブス打線は低めを捨てて高め狙いを徹底。田中から4点を奪ってマウンドから引きずりおろした。

 三回に先制打を放ったボニファシオ外野手が「ビデオを見て復習し、お返しができた」と明かしたように、田中攻略には映像が役に立った。

■福留のケガを防いだことも

 カブスはメジャー30球団の中でも映像による相手選手の分析に特に力を入れている。その映像編集に携わっているのが正本直人ビデオコーディネーター(35)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事