マー君連勝ストップ 攻略“仕掛人”はカブス日本人スタッフ

公開日: 更新日:

 ルーキー右腕の連勝を止めた裏に日本人スタッフの眼力があった。ヤンキース・田中将大(25)にメジャー初黒星をつけたカブスのことだ。

 4月の対戦では田中のスプリットにねじ伏せられた。レンテリア監督がこの日の試合前に「途中まで速球に見える。高めの球を捉えないと」と話した通り、カブス打線は低めを捨てて高め狙いを徹底。田中から4点を奪ってマウンドから引きずりおろした。

 三回に先制打を放ったボニファシオ外野手が「ビデオを見て復習し、お返しができた」と明かしたように、田中攻略には映像が役に立った。

■福留のケガを防いだことも

 カブスはメジャー30球団の中でも映像による相手選手の分析に特に力を入れている。その映像編集に携わっているのが正本直人ビデオコーディネーター(35)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る