日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新球は3カ月で習得 メジャー初完封支えたマー君の器用ぶり

「全体的にきょうは(これまでで)一番良かったと思う。幅広くいろいろな球種を使って、いろいろな攻め方ができた」

 ヤンキースの田中将大(25)が、14日(日本時間15日)のメッツ戦でメジャー初の完封勝利。チームの連敗を4で止める6勝目をマークして、こう言った。試合後の本人が効果的だったと振り返る「いろいろな球種」のひとつがチェンジアップだ。

 田中は日本のプロ野球で、チェンジアップを投げていない。落ちる変化球はスプリットだけ。正確に言えば、投げたくても投げられなかった。

 しかし、渡米後のフロリダキャンプで、首脳陣の助言もあって必要性を痛感。2月下旬のブルペンでチェンジアップを練習し始め、早くも実戦で使えるまでにした。新たな変化球を、3カ月足らずの間に手の内に入れたのだ。

 田中はもともと器用な投手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事