松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

きたねえ飲み屋のカウンタ―で結論「日本の決勝トーナメント進出は無理だな」

公開日: 更新日:

ブラジルW杯を肴に喧々囂々

 昔、ジャマイカでいざ観光へ、と日本人ばかりでチャーターバスに乗った時、出発時刻を30分過ぎたが一向に動き出さないバスへ、同行のオヤジが怒鳴った。
「運ちゃんよ、日本だったらおまえクビだぞ!」

 わたくし、そのオヤジに説教めいたことを垂れたのを思い出す。
「おやっさんねえ、ここは日本じゃないんだから。郷に入れば郷に従え。ジャマイカ時間ってのがあるんだよ。ジャマイカに来たら万事任せて、じゃ、ま~い~か?」

 こちらのダジャレには一瞥(いちべつ)もなくオヤジは憤然と吐き捨てた。
「こっちぁ高え旅費払ってんだ!」

 その後、ようやく動きだしたバスでカリブ海のまったりした海岸へ連れていかれたのだが、バスから降りて来たわたくしら東洋人らしき一団へ充血した目をしたジャマイカンが「麻薬買わないか? マリフアナあるよ」と取り囲んできた。日本人はみな怯え切って椰子(やし)の木陰から一歩も出なかったし、そういう物売りの中へ面白がって飛び込むやつはいなかった(わたくしを除いて)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る