松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

きたねえ飲み屋のカウンタ―で結論「日本の決勝トーナメント進出は無理だな」

公開日:  更新日:

ブラジルW杯を肴に喧々囂々

 昔、ジャマイカでいざ観光へ、と日本人ばかりでチャーターバスに乗った時、出発時刻を30分過ぎたが一向に動き出さないバスへ、同行のオヤジが怒鳴った。
「運ちゃんよ、日本だったらおまえクビだぞ!」

 わたくし、そのオヤジに説教めいたことを垂れたのを思い出す。
「おやっさんねえ、ここは日本じゃないんだから。郷に入れば郷に従え。ジャマイカ時間ってのがあるんだよ。ジャマイカに来たら万事任せて、じゃ、ま~い~か?」

 こちらのダジャレには一瞥(いちべつ)もなくオヤジは憤然と吐き捨てた。
「こっちぁ高え旅費払ってんだ!」

 その後、ようやく動きだしたバスでカリブ海のまったりした海岸へ連れていかれたのだが、バスから降りて来たわたくしら東洋人らしき一団へ充血した目をしたジャマイカンが「麻薬買わないか? マリフアナあるよ」と取り囲んできた。日本人はみな怯え切って椰子(やし)の木陰から一歩も出なかったし、そういう物売りの中へ面白がって飛び込むやつはいなかった(わたくしを除いて)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る