• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

解説者・武田一浩氏が指摘する松坂大輔「ローテ入り」の課題

 メッツ・松坂大輔(33)が4日(日本時間5日)のカブス戦に今季2度目の先発。4回3分の1を4安打5四球4失点で勝敗はつかなかった。

 立ち上がりは不安定で、一回に4番カストロの右前打などで2失点。その後も制球が定まらず4-2と2点リードの五回1死一塁から2番ルジアーノに四球を与えたところで降板した。内容次第では先発ローテーション入りのチャンスだったが結果を残せなかった。

 本人は依然として先発への配置転換を希望しているものの、「それは時期尚早だと思う」とNHKの大リーグ中継で解説を務める評論家の武田一浩氏が本紙の取材にこう続ける。

「右ひじにメスを入れ、本格的に復帰してから今季が実質1年目。ここまでの登板を見る限り、先発でもリリーフでも3イニング目に入ると途端に球威が落ちる。スタミナ不足は明らかで、現状ではシーズンを通じてローテーションを守るのは厳しい。松坂は今年の9月で34歳と、まだ衰える年齢ではない。今季はメジャーでのリハビリ期間と位置付け、実戦登板を通して肩、ひじのスタミナづくりに励むなど来季に備えた方がいいと思う。無理に中4日で投げれば故障のリスクも出てくる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る