解説者・武田一浩氏が指摘する松坂大輔「ローテ入り」の課題

公開日: 更新日:

■力みから制球難

 松坂はこの試合の前まで計17試合、29回3分の1を投げ、防御率2.45、被打率1割3分9厘。まずまずの数字を残しているとはいえ、前出の武田氏はこう言った。

「今季は投げる時の右腕の位置が、肩のラインまで上がっている。腕もしっかり振れているだけに、カーブも有効に決まっています。緩急が使えるようになり、投球の幅も広がった。故障する前と比べたら雲泥の差ですが、課題はまだある。テークバックの際、顔を後ろに振るのは矯正すべきです。思ったようにボールが走らず力んでしまうのでしょうが、これでは制球は定まらない。球数を抑えるためにも顔が動かないように工夫した方がいいでしょう」

 本格的なローテーション入りは、課題をクリアしてからでも決して遅くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る