• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メッツ松坂の「先発復帰」は絶望的? エース右腕が驚異の回復

 メッツ・松坂大輔(33)のフラストレーションが爆発寸前だ。

 今季はチーム事情もあり、ここまでリリーフで登板。13試合(計20回)で1勝0敗1セーブ、防御率2.25とまずまずの働きを見せているとはいえ、本人の先発復帰を熱望する気持ちは変わらないまま。

 不慣れな役割を強いられ、調整や準備の難しさもあって疲労はピークに達しているのだろう。21日のドジャース戦は終始リードされた展開が続いただけに、出番なし。20日、1回3分の2を投げたこともあり、試合後は自らの判断で休養したと明かし「(登板の準備は)しませんでした」と憮然(ぶぜん)とした表情を見せ、苛立ちを隠さなかった。

 これまで「与えられたところで結果を残すしかない」と話し、先発復帰の機会をうかがっていたが、それも絶望的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る