先発に未練も…メッツ松坂に今こそ大事な「リリーフ経験」

公開日: 更新日:

 かつての1億ドル右腕が不慣れなポジションで健闘している。メッツでリリーフとして起用されている松坂大輔のことだ。

 16日(日本時間17日)に昇格してから、ここまで4試合(計5.1回)に登板。23、24日のカージナルス戦では、メジャー初のホールドとセーブを挙げた。手薄なメッツのリリーフ陣を補って余りある好投を続けている。

 プロ入り以来、ほぼ先発一筋で、セーブを挙げたのは西武時代の00年以来14年ぶり。松坂は「思ったほどうれしくない」と先発に未練たらたらだが、ローテーション入りを目指す松坂にとっては決してリリーフの経験は無駄ではないという。

「リリーフ投手はテンポの良さが求められ、不要なボールを投げる余裕はありません。松坂は器用貧乏なところがあり、持ち球は多いが、不安定な球種もある。中継ぎ投手はブルペンで、球種ごとの調子の良し悪しを見極めなければならない。これは先発投手にも言えることで、使えないと判断した球は捨てるので、以前の松坂のように手探り状態でマウンドに上がり、痛打を浴びるケースは減るはずです。リリーフ経験は先発に戻った時に生きると思う」(Jスポーツのメジャーリーグ中継で解説を務める三井浩二氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  3. 3

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  6. 6

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  9. 9

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る