先発に未練も…メッツ松坂に今こそ大事な「リリーフ経験」

公開日: 更新日:

 かつての1億ドル右腕が不慣れなポジションで健闘している。メッツでリリーフとして起用されている松坂大輔のことだ。

 16日(日本時間17日)に昇格してから、ここまで4試合(計5.1回)に登板。23、24日のカージナルス戦では、メジャー初のホールドとセーブを挙げた。手薄なメッツのリリーフ陣を補って余りある好投を続けている。

 プロ入り以来、ほぼ先発一筋で、セーブを挙げたのは西武時代の00年以来14年ぶり。松坂は「思ったほどうれしくない」と先発に未練たらたらだが、ローテーション入りを目指す松坂にとっては決してリリーフの経験は無駄ではないという。

「リリーフ投手はテンポの良さが求められ、不要なボールを投げる余裕はありません。松坂は器用貧乏なところがあり、持ち球は多いが、不安定な球種もある。中継ぎ投手はブルペンで、球種ごとの調子の良し悪しを見極めなければならない。これは先発投手にも言えることで、使えないと判断した球は捨てるので、以前の松坂のように手探り状態でマウンドに上がり、痛打を浴びるケースは減るはずです。リリーフ経験は先発に戻った時に生きると思う」(Jスポーツのメジャーリーグ中継で解説を務める三井浩二氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る