オーナー采配? メッツ松坂「出来高調整でリリーフ」の真贋

公開日: 更新日:

 メッツでリリーフを務める松坂大輔(33)に関して、あるウワサが持ち上がっている。
 契約の出来高払い条項に先発試合数が盛り込まれていて、球団が先発起用に二の足を踏んでいるというのだ。

 選手の起用法は、基本的に現場が決めるべきもの。ましてメジャーはフロントと現場の役割が明確に分かれているといわれる。フロントが選手に払うカネをケチって、起用法に介入するケースなんてあるのか。

「現マーリンズのオーナーであるジェフリー・ロリアがエクスポズ(現ナショナルズ)のオーナーだったとき、似たことをやっています」

 と、さるメジャー関係者がこう続ける。
「あと1試合、先発すれば出来高払いをクリアする投手を、急きょロングリリーフに降格させたのです。監督はチームの若返り策と説明してましたけど、オーナーの意をくんだ起用をしていたのはミエミエ。当時のエクスポズはナ・リーグ東地区の万年最下位。所得分配制度の恩恵を受けながら、FAやトレードではロクな補強をしない。それでも球団経営は黒字ともっぱらでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る