• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メッツ松坂“リリーフ開眼”も 首脳陣を悩ませる投げ込み癖

 急造リリーバーが抜群の安定感を見せている。メッツの松坂大輔(33)のことだ。
 29日のフィリーズ戦は5点リードの八回から2番手で登板し、1回を無失点。七回表の自軍の攻撃が早く終わったため「(ブルペンでの)準備が足りなくて嫌だなという気持ちがあった」と言いながらも、3番アトリーら主力を抑え込んだ。

 これで5戦連続無失点。結果は救援投手らしくなってきたが、十分過ぎる準備をしなければマウンドに上がれない、投げないと不安で仕方がない体質は相変わらずだ。
 メジャーの救援投手はベンチの指示を受けてからアップを始めるが、松坂は勝手に準備運動したり、ブルペン内でランニングを繰り返している。

 登板の前の投球練習は多くても20球までに制限されているものの、松坂は先発の時と同様に、40球近くを投げたがり、ブルペンコーチを困らせているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る