メッツ松坂“リリーフ開眼”も 首脳陣を悩ませる投げ込み癖

公開日:  更新日:

 急造リリーバーが抜群の安定感を見せている。メッツの松坂大輔(33)のことだ。
 29日のフィリーズ戦は5点リードの八回から2番手で登板し、1回を無失点。七回表の自軍の攻撃が早く終わったため「(ブルペンでの)準備が足りなくて嫌だなという気持ちがあった」と言いながらも、3番アトリーら主力を抑え込んだ。

 これで5戦連続無失点。結果は救援投手らしくなってきたが、十分過ぎる準備をしなければマウンドに上がれない、投げないと不安で仕方がない体質は相変わらずだ。
 メジャーの救援投手はベンチの指示を受けてからアップを始めるが、松坂は勝手に準備運動したり、ブルペン内でランニングを繰り返している。

 登板の前の投球練習は多くても20球までに制限されているものの、松坂は先発の時と同様に、40球近くを投げたがり、ブルペンコーチを困らせているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る