日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7回零封で4勝目 好投“自画自賛”の岩隈がつかんだ手ごたえ

「しっかりと左足を踏み込んで、腕を振って投げられた。この感覚で投げられれば大丈夫」

 マリナーズ・岩隈久志(33)が、自信たっぷりに話した。

 4日(日本時間5日)のインターリーグ・ブレーブス戦に登板し、7回を6安打無失点、7奪三振、無四球で4勝目(2敗)。昨季のサイ・ヤング賞候補右腕の好投でチームは連勝を5に伸ばした。

 岩隈が「丁寧に投げることだけを意識した」と振り返った通り、キレのある変化球でブレーブス打線に的を絞らせない。好調な3番フリーマンには、追い込んでからのスプリットでバットに空を切らせるなど、3三振に仕留めた。

 立ち上がりこそ走者を許したものの、三回からは3イニング連続で3者凡退で切り抜けるなど尻上がりに調子を上げた。テンポの良い投球で7回を96球。余力を残してマウンドを降りた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事