7回零封で4勝目 好投“自画自賛”の岩隈がつかんだ手ごたえ

公開日: 更新日:

「しっかりと左足を踏み込んで、腕を振って投げられた。この感覚で投げられれば大丈夫」

 マリナーズ・岩隈久志(33)が、自信たっぷりに話した。

 4日(日本時間5日)のインターリーグ・ブレーブス戦に登板し、7回を6安打無失点、7奪三振、無四球で4勝目(2敗)。昨季のサイ・ヤング賞候補右腕の好投でチームは連勝を5に伸ばした。

 岩隈が「丁寧に投げることだけを意識した」と振り返った通り、キレのある変化球でブレーブス打線に的を絞らせない。好調な3番フリーマンには、追い込んでからのスプリットでバットに空を切らせるなど、3三振に仕留めた。

 立ち上がりこそ走者を許したものの、三回からは3イニング連続で3者凡退で切り抜けるなど尻上がりに調子を上げた。テンポの良い投球で7回を96球。余力を残してマウンドを降りた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る