悲願成就で再燃 最下位低迷する「西武ライオンズ」身売り話

公開日: 更新日:

 ハゲタカファンドだけじゃない。
 23日、東証1部に株式を上場した西武ホールディングス(HD)。2004年12月に西武鉄道が有価証券報告書の虚偽記載で上場廃止になって以来の悲願成就だ。

 めでたい親会社の足を引っ張りかねないのが、最下位に低迷するライオンズである。球団は12、13年と2期連続で黒字になった。それは親会社が広告宣伝費を出したから。西武ドームには西武グループの看板が複数あるが、「あれは宣伝目的というより事実上の赤字補填」(球団OB)ともっぱらだ。

 西武HDの筆頭株主(35.45%)は、いまだに米投資会社のサーベラス。今回は売り出し価格(1株1600円)が想定価格(2300円)を大幅に下回ったため持ち株の放出を見合わせた。株を高値で売りたい彼らにとって金食い虫の球団は“お荷物”。昨年サーベラスが敵対的TOB(株式公開買い付け)を実施したのは、「球団売却」も理由のひとつといわれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る