日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

悲願成就で再燃 最下位低迷する「西武ライオンズ」身売り話

 ハゲタカファンドだけじゃない。
 23日、東証1部に株式を上場した西武ホールディングス(HD)。2004年12月に西武鉄道が有価証券報告書の虚偽記載で上場廃止になって以来の悲願成就だ。

 めでたい親会社の足を引っ張りかねないのが、最下位に低迷するライオンズである。球団は12、13年と2期連続で黒字になった。それは親会社が広告宣伝費を出したから。西武ドームには西武グループの看板が複数あるが、「あれは宣伝目的というより事実上の赤字補填」(球団OB)ともっぱらだ。

 西武HDの筆頭株主(35.45%)は、いまだに米投資会社のサーベラス。今回は売り出し価格(1株1600円)が想定価格(2300円)を大幅に下回ったため持ち株の放出を見合わせた。株を高値で売りたい彼らにとって金食い虫の球団は“お荷物”。昨年サーベラスが敵対的TOB(株式公開買い付け)を実施したのは、「球団売却」も理由のひとつといわれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事