中島の復帰も絡んで…西武編成はノーヒッター岸に心境複雑

公開日: 更新日:

 2日のロッテ戦で通算78人目、球団としては96年の渡辺前監督以来となるノーヒットノーランを達成した西武の岸。九回に勝ち越して勝利した9日のソフトバンク戦では7回4失点で勝ち負けがつかなかった。

 そんな岸の投球を複雑な思いで見守っているのが、球団の編成担当ではないか。12年オフに海を渡った中島(現アスレチックス傘下2A)の今後は、岸の活躍次第といっても過言ではないからだ。

 昨季の中島は守備難と左太もものケガの影響で3A暮らし。今季は4月末に2Aに降格した。もはやメジャー昇格は絶望的。「オフにも帰国するのではないか」ともっぱらだ。

■二兎は追えない

 西武時代は球界でも一、二を争う人気を誇った遊撃手。球団としては再びこの人気が欲しい。なにせ、今季は主催17試合の平均観客動員数が1万9000人強。昨季の1試合平均より約3000人減なのだから、球団の営業担当は真っ青になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る