1トップは?ボランチは?…煮え切らぬザックに冷ややかな目

公開日: 更新日:

 ブラジルのベースキャンプ地イトゥに入って4日目(現地10日)。この日は練習もメディア対応もなし。選手たちは宿舎「スパ・スポーツ・リゾート」の敷地内を散歩したり、ジェットバスに入ったり、本大会前最後のオフ日を堪能した。

 そんな中、ザッケローニ監督(61)が午前10時から記者会見に応じて「ここまでチームは順調に仕上がっている。今日は完全オフだが、犠牲的精神を持ってこの場にワタシがやって来た」と余裕のコメントである。

「今年に入って3月のニュージーランド戦、5月のキプロス戦、米国合宿でのコスタリカ戦、ザンビア戦と4戦4勝。それでも12得点・6失点と守備の不安定さが取り沙汰されているにもかかわらず、ザッケローニはW杯に向けて『何点取られても得点が相手よりも多ければいい』と話しており、有言実行ぶりに上機嫌です」(現地入りしているサッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  3. 3

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  4. 4

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  5. 5

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  6. 6

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  7. 7

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  8. 8

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る