1トップは?ボランチは?…煮え切らぬザックに冷ややかな目

公開日: 更新日:

 ブラジルのベースキャンプ地イトゥに入って4日目(現地10日)。この日は練習もメディア対応もなし。選手たちは宿舎「スパ・スポーツ・リゾート」の敷地内を散歩したり、ジェットバスに入ったり、本大会前最後のオフ日を堪能した。

 そんな中、ザッケローニ監督(61)が午前10時から記者会見に応じて「ここまでチームは順調に仕上がっている。今日は完全オフだが、犠牲的精神を持ってこの場にワタシがやって来た」と余裕のコメントである。

「今年に入って3月のニュージーランド戦、5月のキプロス戦、米国合宿でのコスタリカ戦、ザンビア戦と4戦4勝。それでも12得点・6失点と守備の不安定さが取り沙汰されているにもかかわらず、ザッケローニはW杯に向けて『何点取られても得点が相手よりも多ければいい』と話しており、有言実行ぶりに上機嫌です」(現地入りしているサッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る