• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1トップは?ボランチは?…煮え切らぬザックに冷ややかな目

 ブラジルのベースキャンプ地イトゥに入って4日目(現地10日)。この日は練習もメディア対応もなし。選手たちは宿舎「スパ・スポーツ・リゾート」の敷地内を散歩したり、ジェットバスに入ったり、本大会前最後のオフ日を堪能した。

 そんな中、ザッケローニ監督(61)が午前10時から記者会見に応じて「ここまでチームは順調に仕上がっている。今日は完全オフだが、犠牲的精神を持ってこの場にワタシがやって来た」と余裕のコメントである。

「今年に入って3月のニュージーランド戦、5月のキプロス戦、米国合宿でのコスタリカ戦、ザンビア戦と4戦4勝。それでも12得点・6失点と守備の不安定さが取り沙汰されているにもかかわらず、ザッケローニはW杯に向けて『何点取られても得点が相手よりも多ければいい』と話しており、有言実行ぶりに上機嫌です」(現地入りしているサッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る