「運動量少なすぎる」 釜本氏が「本田トップ下」を改めて疑問視

公開日:  更新日:

日本代表すべての課題が浮き彫りになった

 2点のビハインドをはね返し、終了間際に追い付かれた直後に劇的決勝ゴール! 勝ちに勝る良薬なし。スタッフも選手も、気分良くブラジルに入ったことだろう。

 ただし――。声を大にして言っておきたい。

 ザック日本は問題点を改善できないまま、W杯を迎えることになった。先のザンビア戦は、W杯初戦の相手コートジボワールの仮想敵国としてマッチメークされた。W杯アフリカ予選敗退国なので「恐れるに足らず」と“緩い”気持ちで試合に入ったのかな? アフリカ人特有の身体能力の高さに戸惑い、試合の主導権を失って9、29分と立て続けに失点した。

 1失点目は、DF内田がヘディングでCKに逃げようとした瞬間、背後の相手選手にスパッと体を入れられ頭で押し込まれた。茫然(ぼうぜん)自失だった内田に追い打ちをかけるようだが、「警戒を怠った」と言われても反論できないだろう。2、3失点目も時間帯、失点パターンともに最悪だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る