「運動量少なすぎる」 釜本氏が「本田トップ下」を改めて疑問視

公開日: 更新日:

日本代表すべての課題が浮き彫りになった

 2点のビハインドをはね返し、終了間際に追い付かれた直後に劇的決勝ゴール! 勝ちに勝る良薬なし。スタッフも選手も、気分良くブラジルに入ったことだろう。

 ただし――。声を大にして言っておきたい。

 ザック日本は問題点を改善できないまま、W杯を迎えることになった。先のザンビア戦は、W杯初戦の相手コートジボワールの仮想敵国としてマッチメークされた。W杯アフリカ予選敗退国なので「恐れるに足らず」と“緩い”気持ちで試合に入ったのかな? アフリカ人特有の身体能力の高さに戸惑い、試合の主導権を失って9、29分と立て続けに失点した。

 1失点目は、DF内田がヘディングでCKに逃げようとした瞬間、背後の相手選手にスパッと体を入れられ頭で押し込まれた。茫然(ぼうぜん)自失だった内田に追い打ちをかけるようだが、「警戒を怠った」と言われても反論できないだろう。2、3失点目も時間帯、失点パターンともに最悪だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る