日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「運動量少なすぎる」 釜本氏が「本田トップ下」を改めて疑問視

日本代表すべての課題が浮き彫りになった

 2点のビハインドをはね返し、終了間際に追い付かれた直後に劇的決勝ゴール! 勝ちに勝る良薬なし。スタッフも選手も、気分良くブラジルに入ったことだろう。

 ただし――。声を大にして言っておきたい。

 ザック日本は問題点を改善できないまま、W杯を迎えることになった。先のザンビア戦は、W杯初戦の相手コートジボワールの仮想敵国としてマッチメークされた。W杯アフリカ予選敗退国なので「恐れるに足らず」と“緩い”気持ちで試合に入ったのかな? アフリカ人特有の身体能力の高さに戸惑い、試合の主導権を失って9、29分と立て続けに失点した。

 1失点目は、DF内田がヘディングでCKに逃げようとした瞬間、背後の相手選手にスパッと体を入れられ頭で押し込まれた。茫然(ぼうぜん)自失だった内田に追い打ちをかけるようだが、「警戒を怠った」と言われても反論できないだろう。2、3失点目も時間帯、失点パターンともに最悪だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事