初戦会場レシフェの“蒸し風呂”対策 スポーツ医学専門家の提言  

公開日: 更新日:

 ブラジルW杯本大会でグループリーグ(GL)を勝ち上がり、悲願のベスト8以上を狙うには、対戦相手国の分析もさることながら、ブラジル特有の高温多湿の環境をいかに克服するが、勝敗を大きく左右する。

 日本代表は5月下旬に鹿児島・指宿で合宿を行い、1日2部練習でフィジカルを徹底的に強化した。ブラジル入りする前には気温が30度超、湿度60%以上の米国フロリダ州クリアウオーターで直前合宿を行い、テストマッチを2試合消化。現地7日に、サンパウロ市から100キロ北西のベースキャンプ地イトゥに入った。

■練習後は牛乳を飲む

 キャンプ地は気温25度、湿度50%前後と比較的過ごしやすい。日本代表は、現地14日午後10時(日本時間15日午前10時)キックオフのGL初戦コートジボワール戦に向けて調整しているところだが、GL突破のすべてが懸かるといっても過言ではない初戦の会場レシフェの環境は過酷だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  7. 7

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    100歳まで生きる時代 老後資金は3つのステージで準備する

もっと見る