初戦会場レシフェの“蒸し風呂”対策 スポーツ医学専門家の提言  

公開日: 更新日:

 ブラジルW杯本大会でグループリーグ(GL)を勝ち上がり、悲願のベスト8以上を狙うには、対戦相手国の分析もさることながら、ブラジル特有の高温多湿の環境をいかに克服するが、勝敗を大きく左右する。

 日本代表は5月下旬に鹿児島・指宿で合宿を行い、1日2部練習でフィジカルを徹底的に強化した。ブラジル入りする前には気温が30度超、湿度60%以上の米国フロリダ州クリアウオーターで直前合宿を行い、テストマッチを2試合消化。現地7日に、サンパウロ市から100キロ北西のベースキャンプ地イトゥに入った。

■練習後は牛乳を飲む

 キャンプ地は気温25度、湿度50%前後と比較的過ごしやすい。日本代表は、現地14日午後10時(日本時間15日午前10時)キックオフのGL初戦コートジボワール戦に向けて調整しているところだが、GL突破のすべてが懸かるといっても過言ではない初戦の会場レシフェの環境は過酷だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  4. 4

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る