元セレソンJリーガーが見たザックジャパン(3) トニーニョ

公開日: 更新日:

 世界中に散らばるブラジル人選手は“カネ回りの良いリーグ”を探して旅する遊牧民みたいなもの。そのため、各国リーグの資金力の強さは、ブラジル人選手の力量で類推することが出来る。

 そういう意味で草創期から数年のJリーグは世界最高水準だった。ジーコに続いてドゥンガ、ジョルジーニョ、レオナルドとブラジル代表選手が日本にやって来ていた。

 代表とは縁遠かったとはいえ、能力あるブラジル人選手も多くいた。そのひとりが、読売クラブから清水エスパルス、浦和レッズでプレーしたFWトニーニョである。現役引退後、欧州で指導者ライセンスを取得。母国ブラジルに戻っている。

「ボクにとって日本での経験は、実に素晴らしいものだった。清水の試合結果はいつも気にしている。日本代表の試合も可能な限りは見ているよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る