元セレソンJリーガーが見たザックジャパン(3) トニーニョ

公開日: 更新日:

 世界中に散らばるブラジル人選手は“カネ回りの良いリーグ”を探して旅する遊牧民みたいなもの。そのため、各国リーグの資金力の強さは、ブラジル人選手の力量で類推することが出来る。

 そういう意味で草創期から数年のJリーグは世界最高水準だった。ジーコに続いてドゥンガ、ジョルジーニョ、レオナルドとブラジル代表選手が日本にやって来ていた。

 代表とは縁遠かったとはいえ、能力あるブラジル人選手も多くいた。そのひとりが、読売クラブから清水エスパルス、浦和レッズでプレーしたFWトニーニョである。現役引退後、欧州で指導者ライセンスを取得。母国ブラジルに戻っている。

「ボクにとって日本での経験は、実に素晴らしいものだった。清水の試合結果はいつも気にしている。日本代表の試合も可能な限りは見ているよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  7. 7

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  10. 10

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る