• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コートジ戦ザック采配に選手不信感 日本代表に“空中分解”危機

 屈辱的な「100秒で2失点」を喫し、崖っぷちに追いやられた日本代表。コートジボワール戦で不可解采配を見せたザッケローニ監督と選手との間に、冷たいすき間風が吹き始めているという。

 ザッケローニは後半序盤、FW大久保に途中出場を告げたが、交代のタイミングを迷っているうちに立て続けにゴールを奪われ、1―2となった後半22分、ようやくピッチに送り出した。ここから指揮官は、信じられないような迷走を始めた。

 1トップの大久保を左サイドに、トップ下の本田を1トップに、左サイドの香川をトップ下に変えるようにベンチ前で声を張り上げた。だが、選手たちは、指で自分の胸を指しながら「オレはどこに移ればいいの?」とけげんな顔で右往左往。

 後半41分に香川に代えて投入したFW柿谷を1トップに置き、再び本田をトップ下に戻した。先発したFW大迫を加えると1トップが4人コロコロと代わり、まるで連係の取れない日本は追加点を奪うどころか、シュートもロクに打てない。終了間際には、DF吉田を相手ゴール前にベタッと張り付かせ、ロングボールを放り込む「パワープレー」を断行した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る