あの名手が分析 日ハム大谷の足がつるのは「右翼守備が原因」

公開日:  更新日:

「投手・大谷の足がつるのは、外野手・大谷が原因かもしれない」
 こう言うのは、昨年までヤクルトの一軍外野守備走塁コーチを務めた飯田哲也氏(46)。現役時代、7年連続7度のゴールデングラブ賞を獲得した外野の名手は、日本ハムの大谷翔平(19)が11日の巨人戦、18日の阪神戦に先発登板した際、投球時に立て続けに右足がつったことについてこう分析する。

「先発投手は登板日から4日ほどで足の張りが取れるといわれる。が、大谷は6月1日以降は指名打者として専念しているものの、これまで打者としてだけでなく、右翼も守り続けていた。これでは足が悲鳴を上げてもおかしくない」

 外野手は内野手と比べても細かい動きが少ない。右翼守備がそこまで大谷の負担になるのか。

「内野手と比べれば外野手は動きは少ない。ただ、外野手にはカバリングがある。中でも右翼は三塁ゴロ、遊撃ゴロの送球、一塁牽制時、右中間の打球の中堅のカバーなど、目立たないところで多くの動きが求められる。野手に専念していれば話は別だが、投手もやっている大谷にとって、負担は小さくないと思う。しかも、1試合9イニングにフル出場した場合、外野手はベンチからポジションまでの距離を最低18回行き来する。長いシーズンを通してみると、このわずかな負担がじわじわと積み重なっていくもの。大谷が二刀流を続けていくなら、外野守備はやらず、今のように指名打者でやっていくほうがいいと思う」

 24日のDeNA戦は雨天中止となったが、大谷はスライドせず、25日に予定通り先発する。「自分のことをしっかりやりたい。足は大丈夫です」と話した怪物が二刀流で成功するには、しばらく右翼守備は封印すべきか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る