あの名手が分析 日ハム大谷の足がつるのは「右翼守備が原因」

公開日: 更新日:

「投手・大谷の足がつるのは、外野手・大谷が原因かもしれない」
 こう言うのは、昨年までヤクルトの一軍外野守備走塁コーチを務めた飯田哲也氏(46)。現役時代、7年連続7度のゴールデングラブ賞を獲得した外野の名手は、日本ハム大谷翔平(19)が11日の巨人戦、18日の阪神戦に先発登板した際、投球時に立て続けに右足がつったことについてこう分析する。

「先発投手は登板日から4日ほどで足の張りが取れるといわれる。が、大谷は6月1日以降は指名打者として専念しているものの、これまで打者としてだけでなく、右翼も守り続けていた。これでは足が悲鳴を上げてもおかしくない」

 外野手は内野手と比べても細かい動きが少ない。右翼守備がそこまで大谷の負担になるのか。

「内野手と比べれば外野手は動きは少ない。ただ、外野手にはカバリングがある。中でも右翼は三塁ゴロ、遊撃ゴロの送球、一塁牽制時、右中間の打球の中堅のカバーなど、目立たないところで多くの動きが求められる。野手に専念していれば話は別だが、投手もやっている大谷にとって、負担は小さくないと思う。しかも、1試合9イニングにフル出場した場合、外野手はベンチからポジションまでの距離を最低18回行き来する。長いシーズンを通してみると、このわずかな負担がじわじわと積み重なっていくもの。大谷が二刀流を続けていくなら、外野守備はやらず、今のように指名打者でやっていくほうがいいと思う」

 24日のDeNA戦は雨天中止となったが、大谷はスライドせず、25日に予定通り先発する。「自分のことをしっかりやりたい。足は大丈夫です」と話した怪物が二刀流で成功するには、しばらく右翼守備は封印すべきか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山田優と娘「GAP」モデルに辛辣な声多く…夫・小栗旬主演「日本沈没」にも“火の粉”?

    山田優と娘「GAP」モデルに辛辣な声多く…夫・小栗旬主演「日本沈没」にも“火の粉”?

  2. 2
    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

  3. 3
    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

  4. 4
    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

  5. 5
    阪神・矢野監督ああ悩ましき…佐藤輝の早期一軍再昇格とベテラン糸井の去就問題

    阪神・矢野監督ああ悩ましき…佐藤輝の早期一軍再昇格とベテラン糸井の去就問題

もっと見る

  1. 6
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 7
    パパ活で1300万円の高級時計を盗んだ19歳女子大生の「手口と動機と余罪」

    パパ活で1300万円の高級時計を盗んだ19歳女子大生の「手口と動機と余罪」

  3. 8
    小栗旬夫妻に第3子誕生へ 山田優“母の教え”と夫の操縦術

    小栗旬夫妻に第3子誕生へ 山田優“母の教え”と夫の操縦術

  4. 9
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  5. 10
    菅首相が画策か? 衆院選前に“同期の桜”永年在職25年表彰ゴリ押しで国政を私物化

    菅首相が画策か? 衆院選前に“同期の桜”永年在職25年表彰ゴリ押しで国政を私物化