あの名手が分析 日ハム大谷の足がつるのは「右翼守備が原因」

公開日:  更新日:

「投手・大谷の足がつるのは、外野手・大谷が原因かもしれない」
 こう言うのは、昨年までヤクルトの一軍外野守備走塁コーチを務めた飯田哲也氏(46)。現役時代、7年連続7度のゴールデングラブ賞を獲得した外野の名手は、日本ハムの大谷翔平(19)が11日の巨人戦、18日の阪神戦に先発登板した際、投球時に立て続けに右足がつったことについてこう分析する。

「先発投手は登板日から4日ほどで足の張りが取れるといわれる。が、大谷は6月1日以降は指名打者として専念しているものの、これまで打者としてだけでなく、右翼も守り続けていた。これでは足が悲鳴を上げてもおかしくない」

 外野手は内野手と比べても細かい動きが少ない。右翼守備がそこまで大谷の負担になるのか。

「内野手と比べれば外野手は動きは少ない。ただ、外野手にはカバリングがある。中でも右翼は三塁ゴロ、遊撃ゴロの送球、一塁牽制時、右中間の打球の中堅のカバーなど、目立たないところで多くの動きが求められる。野手に専念していれば話は別だが、投手もやっている大谷にとって、負担は小さくないと思う。しかも、1試合9イニングにフル出場した場合、外野手はベンチからポジションまでの距離を最低18回行き来する。長いシーズンを通してみると、このわずかな負担がじわじわと積み重なっていくもの。大谷が二刀流を続けていくなら、外野守備はやらず、今のように指名打者でやっていくほうがいいと思う」

 24日のDeNA戦は雨天中止となったが、大谷はスライドせず、25日に予定通り先発する。「自分のことをしっかりやりたい。足は大丈夫です」と話した怪物が二刀流で成功するには、しばらく右翼守備は封印すべきか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る