日ハム大谷の顔に「異変」…同僚も心配する“多重ストレス”

公開日:  更新日:

「日を増すごとにブツブツが増えてないか?」

 現場の報道陣からこんな声が漏れ始めている。先週頃から日本ハムの大谷翔平(19)の顔面に「ニキビ」が激増しているからだ。

 28日のヤクルト戦前に改めて大谷の顔を注視すると、右頬、口元、鼻の頭を中心に赤みがかったニキビが点在。数日前と比べても、症状が悪化しているように見えた。

 大谷は「ストレスですよ」と冗談めかして話しているが、あながち冗談ではなさそうだ。
 あるナインは言う。

「ただでさえ二刀流に挑んでいる翔平は肉体的にも精神的にも倍は疲れるところにもってきて、栗山監督からいまだに外出制限を出されているでしょ。許可を得なければ外で食事をすることも許されない。だから、休みの日でも体を動かしてしまう。いよいよ、疲れがたまる。翔平は趣味という趣味もないし、ストレス発散もできない。昨シーズンは4歳上の同期入団、鍵谷がそんな翔平を見かねて、暇を見つけては外に連れ出してリフレッシュさせていたんですけど、その鍵谷は現在二軍調整中ですから。翔平には悪条件が重なっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る