• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

筋肉はダルに匹敵も…日ハム大谷 ケガ続きの“元凶”は?

 せっかくの160キロもこれでは猫に小判だ。本塁突入のクロスプレーで左足を捻挫した4日の広島戦に続き、日本ハムの大谷がまた途中降板した。七回、ロペスに154キロの直球を投げた際に右足ふくらはぎがつり、そのままベンチへ。大事を取ってマウンドを降りた。

 193センチ、90キロという恵まれた体格に、ダルビッシュの3、4年目に匹敵する筋肉を持つ大谷。それでいて、なぜかケガが多い。一度や二度ならまだしも、昨年は右足首捻挫と右手中指の爪のケガ。今季もすでに左足首と右足ふくらはぎを痛めた。

 元凶は首脳陣ではないか。コーチの中にはフロントや主力選手の信頼が厚いのをいいことに、管轄外のことにも口を出すのが何人もいる。その中のひとりはかつて、若手選手に「フォームが悪い」とダメ出し。主力選手と一緒になってフォームをいじくり回した揚げ句、一軍で使い物にならなくしてしまったらしい。

 そうやっておかしくなった若手が他にもいるそうだから、大谷の度重なるケガも「管轄外のアドバイスを受けたがゆえの人災」ともっぱらだ。

 ただでさえ二刀流で負担の多い大谷が心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る