• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

筋肉はダルに匹敵も…日ハム大谷 ケガ続きの“元凶”は?

投稿日:  更新日:

 せっかくの160キロもこれでは猫に小判だ。本塁突入のクロスプレーで左足を捻挫した4日の広島戦に続き、日本ハムの大谷がまた途中降板した。七回、ロペスに154キロの直球を投げた際に右足ふくらはぎがつり、そのままベンチへ。大事を取ってマウンドを降りた。

 193センチ、90キロという恵まれた体格に、ダルビッシュの3、4年目に匹敵する筋肉を持つ大谷。それでいて、なぜかケガが多い。一度や二度ならまだしも、昨年は右足首捻挫と右手中指の爪のケガ。今季もすでに左足首と右足ふくらはぎを痛めた。

 元凶は首脳陣ではないか。コーチの中にはフロントや主力選手の信頼が厚いのをいいことに、管轄外のことにも口を出すのが何人もいる。その中のひとりはかつて、若手選手に「フォームが悪い」とダメ出し。主力選手と一緒になってフォームをいじくり回した揚げ句、一軍で使い物にならなくしてしまったらしい。

 そうやっておかしくなった若手が他にもいるそうだから、大谷の度重なるケガも「管轄外のアドバイスを受けたがゆえの人災」ともっぱらだ。

 ただでさえ二刀流で負担の多い大谷が心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る