筋肉はダルに匹敵も…日ハム大谷 ケガ続きの“元凶”は?

公開日: 更新日:

 せっかくの160キロもこれでは猫に小判だ。本塁突入のクロスプレーで左足を捻挫した4日の広島戦に続き、日本ハムの大谷がまた途中降板した。七回、ロペスに154キロの直球を投げた際に右足ふくらはぎがつり、そのままベンチへ。大事を取ってマウンドを降りた。

 193センチ、90キロという恵まれた体格に、ダルビッシュの3、4年目に匹敵する筋肉を持つ大谷。それでいて、なぜかケガが多い。一度や二度ならまだしも、昨年は右足首捻挫と右手中指の爪のケガ。今季もすでに左足首と右足ふくらはぎを痛めた。

 元凶は首脳陣ではないか。コーチの中にはフロントや主力選手の信頼が厚いのをいいことに、管轄外のことにも口を出すのが何人もいる。その中のひとりはかつて、若手選手に「フォームが悪い」とダメ出し。主力選手と一緒になってフォームをいじくり回した揚げ句、一軍で使い物にならなくしてしまったらしい。

 そうやっておかしくなった若手が他にもいるそうだから、大谷の度重なるケガも「管轄外のアドバイスを受けたがゆえの人災」ともっぱらだ。

 ただでさえ二刀流で負担の多い大谷が心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る