専門家が指摘 日ハム大谷「二刀流」&「長身」の肉体的負荷

公開日:  更新日:

 たまたま足がつっただけなのか――。11日の巨人戦で投球中に右足ふくらはぎがつって降板した日本ハムの大谷翔平(19)。今季初先発した4月3日のソフトバンク戦でも同じケースでマウンドを降りている。

 投手が投球中に足がつるのは珍しいことではない。「脱水症状が原因」ともいわれるが、それなら水分を補給すれば解決する問題なのか。スポーツ選手の体に詳しいフィジカルディレクターの平山昌弘氏はこう言う。

「足がつる、専門的には筋痙攣(けいれん)による拘縮(こうしゅく)と言いますが、大ざっぱに分けると2つの原因がある。1つは水分や塩分、鉄分不足による生化学的な問題。しかし、そんなことで足がつっているようでは、そもそもプロ野球選手なんてやっていませんよ。おそらくはもう1つの原因、オーバーワークによる負担ではないか。プロは体を酷使しますからね。無意識に負担をかけていた可能性もある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る