巨人・原監督の「レフトは外国人」発言にチーム内で異論噴出

公開日: 更新日:

「そういうことなら、左翼から亀井、橋本、長野でいいじゃん」
 巨人投手陣からこんな声が上がっている。

 そういうことなら、というのは左太もも肉離れから、近日中にも復帰する外野の橋本到(24)に関する、原監督の発言のことだ。故障するまで34試合で打率・316、2本塁打、16打点と巨人打線を牽引していたこの橋本を、原監督は「橋本が戻る時はスターティングメンバー。開幕時の状態ならセンター」と言っている。

 好調の亀井は右翼に固定。ともに守備力の高い2人の起用は、ディフェンス面を考えてもプラスが多い。ここまではもちろん、投手陣にも異論はないようなのだが、原監督の言葉が「レフトは外国人。チョーさん(長野)もあんな状態では厳しい」と続くから、クビをかしげる人間が少なくないのだ。

「打撃不振が続く長野のスタメン落ちを示唆する一方で、左翼にはアンダーソンかセペダを固定するというのですから、違和感を覚えるのは確か。打撃の調子が悪いのは、アンダーソンもセペダも一緒。同じ打てないのなら、守備力の高い長野がバックにいる方が、投げる立場からするとはるかに安心できる。セペダとアンダーソンの守りはスピード、肩ともにお世辞にもうまいとは言えず、投手陣の負担になっている。外野は守れる日本人3人が入ればいい、というのが投手陣の本音。調子を取り戻しつつある元首位打者の長野がベンチを温め、外国人が出るとなったら、やっぱり変でしょう」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る