巨人・原監督の「レフトは外国人」発言にチーム内で異論噴出

公開日: 更新日:

「そういうことなら、左翼から亀井、橋本、長野でいいじゃん」
 巨人投手陣からこんな声が上がっている。

 そういうことなら、というのは左太もも肉離れから、近日中にも復帰する外野の橋本到(24)に関する、原監督の発言のことだ。故障するまで34試合で打率・316、2本塁打、16打点と巨人打線を牽引していたこの橋本を、原監督は「橋本が戻る時はスターティングメンバー。開幕時の状態ならセンター」と言っている。

 好調の亀井は右翼に固定。ともに守備力の高い2人の起用は、ディフェンス面を考えてもプラスが多い。ここまではもちろん、投手陣にも異論はないようなのだが、原監督の言葉が「レフトは外国人。チョーさん(長野)もあんな状態では厳しい」と続くから、クビをかしげる人間が少なくないのだ。

「打撃不振が続く長野のスタメン落ちを示唆する一方で、左翼にはアンダーソンかセペダを固定するというのですから、違和感を覚えるのは確か。打撃の調子が悪いのは、アンダーソンもセペダも一緒。同じ打てないのなら、守備力の高い長野がバックにいる方が、投げる立場からするとはるかに安心できる。セペダとアンダーソンの守りはスピード、肩ともにお世辞にもうまいとは言えず、投手陣の負担になっている。外野は守れる日本人3人が入ればいい、というのが投手陣の本音。調子を取り戻しつつある元首位打者の長野がベンチを温め、外国人が出るとなったら、やっぱり変でしょう」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る