巨人・原監督の「レフトは外国人」発言にチーム内で異論噴出

公開日:  更新日:

「そういうことなら、左翼から亀井、橋本、長野でいいじゃん」
 巨人投手陣からこんな声が上がっている。

 そういうことなら、というのは左太もも肉離れから、近日中にも復帰する外野の橋本到(24)に関する、原監督の発言のことだ。故障するまで34試合で打率・316、2本塁打、16打点と巨人打線を牽引していたこの橋本を、原監督は「橋本が戻る時はスターティングメンバー。開幕時の状態ならセンター」と言っている。

 好調の亀井は右翼に固定。ともに守備力の高い2人の起用は、ディフェンス面を考えてもプラスが多い。ここまではもちろん、投手陣にも異論はないようなのだが、原監督の言葉が「レフトは外国人。チョーさん(長野)もあんな状態では厳しい」と続くから、クビをかしげる人間が少なくないのだ。

「打撃不振が続く長野のスタメン落ちを示唆する一方で、左翼にはアンダーソンかセペダを固定するというのですから、違和感を覚えるのは確か。打撃の調子が悪いのは、アンダーソンもセペダも一緒。同じ打てないのなら、守備力の高い長野がバックにいる方が、投げる立場からするとはるかに安心できる。セペダとアンダーソンの守りはスピード、肩ともにお世辞にもうまいとは言えず、投手陣の負担になっている。外野は守れる日本人3人が入ればいい、というのが投手陣の本音。調子を取り戻しつつある元首位打者の長野がベンチを温め、外国人が出るとなったら、やっぱり変でしょう」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る