巨人・原監督もベタ褒め 眠っていた「天才」長野の復活劇

公開日:  更新日:

 巨人・長野久義(29)の一撃が、オリックスの西を沈めた。

 17日のオリックス戦。0-0の四回2死一、二塁から右翼フェンス直撃の三塁打で2者をかえした。長野のひと振りで勢いづいた打線は、西を五回途中でKO。交流戦優勝に大きく前進した原監督が長野の決勝打を「彼らしい、今シーズン一番価値ある、いい形の打席だった」と絶賛すれば、本人も「(今季の西が)0か1か2(失点)しかないって知っていた。すげーなと。その後にホセ(ロペス)が3点目を取ってくれ、ホームを踏めたのもうれしかったですね」と笑顔がはじけた。

 苦しいシーズンが続いていた。この日の「8番」が最近の定位置。11年に首位打者、12年に最多安打のタイトルを獲得し、13年のWBCでは侍ジャパンのレギュラーを張った男が、今季は打率.263、4本塁打と不振にあえいでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る