巨人・原監督もベタ褒め 眠っていた「天才」長野の復活劇

公開日:  更新日:

 巨人・長野久義(29)の一撃が、オリックスの西を沈めた。

 17日のオリックス戦。0-0の四回2死一、二塁から右翼フェンス直撃の三塁打で2者をかえした。長野のひと振りで勢いづいた打線は、西を五回途中でKO。交流戦優勝に大きく前進した原監督が長野の決勝打を「彼らしい、今シーズン一番価値ある、いい形の打席だった」と絶賛すれば、本人も「(今季の西が)0か1か2(失点)しかないって知っていた。すげーなと。その後にホセ(ロペス)が3点目を取ってくれ、ホームを踏めたのもうれしかったですね」と笑顔がはじけた。

 苦しいシーズンが続いていた。この日の「8番」が最近の定位置。11年に首位打者、12年に最多安打のタイトルを獲得し、13年のWBCでは侍ジャパンのレギュラーを張った男が、今季は打率.263、4本塁打と不振にあえいでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る