巨人・原監督もベタ褒め 眠っていた「天才」長野の復活劇

公開日: 更新日:

 巨人長野久義(29)の一撃が、オリックスの西を沈めた。

 17日のオリックス戦。0-0の四回2死一、二塁から右翼フェンス直撃の三塁打で2者をかえした。長野のひと振りで勢いづいた打線は、西を五回途中でKO。交流戦優勝に大きく前進した原監督が長野の決勝打を「彼らしい、今シーズン一番価値ある、いい形の打席だった」と絶賛すれば、本人も「(今季の西が)0か1か2(失点)しかないって知っていた。すげーなと。その後にホセ(ロペス)が3点目を取ってくれ、ホームを踏めたのもうれしかったですね」と笑顔がはじけた。

 苦しいシーズンが続いていた。この日の「8番」が最近の定位置。11年に首位打者、12年に最多安打のタイトルを獲得し、13年のWBCでは侍ジャパンのレギュラーを張った男が、今季は打率.263、4本塁打と不振にあえいでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    4歳の娘がコロナで急死…「ワクチン反対派」だった米国女性の漏らした後悔の念

    4歳の娘がコロナで急死…「ワクチン反対派」だった米国女性の漏らした後悔の念

  2. 2
    阪神がプロ・アマ規定違反! 天理・達孝太投手とプロ志望届「提出前」に面談していた

    阪神がプロ・アマ規定違反! 天理・達孝太投手とプロ志望届「提出前」に面談していた

  3. 3
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  4. 4
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

  5. 5
    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

もっと見る

  1. 6
    高市早苗氏が総裁選レースで失速…細田派内でも「安倍離れ」急加速でシンパ議員は大慌て

    高市早苗氏が総裁選レースで失速…細田派内でも「安倍離れ」急加速でシンパ議員は大慌て

  2. 7
    北村有起哉にブーム到来の予感! イマドキ女性が求める“3続男性”で好感度上昇中?

    北村有起哉にブーム到来の予感! イマドキ女性が求める“3続男性”で好感度上昇中?

  3. 8
    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  4. 9
    高市早苗氏の出馬表明会見で袋叩きに…ジャーナリスト横田一氏に「質問」の真意を聞いた

    高市早苗氏の出馬表明会見で袋叩きに…ジャーナリスト横田一氏に「質問」の真意を聞いた

  5. 10
    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃