セペダ1.5億円、高橋由1.6億円…巨人の豪華代打要員

公開日:  更新日:

 巨人に“神様”が誕生した。

 18日のオリックス戦でスタメンから外れたフレデリク・セペダ(34)が、代打で一時は同点となる3ラン。「人生初の代打」と苦笑いしていた8日のロッテ戦でも一発を放った。代打では1四球を含む2打数2本塁打。3打席ですっかり代打の適性を見せている。

 ここまでの打率は.182。18試合任された4番はとっくに“クビ”になっている。原監督は「意地? 普通だよ。まあ、見事なホームランだけど」となんとも微妙な言い回しで、18日の本塁打をねぎらったものの、二軍落ちもささやかれていた助っ人にとっては、まさに起死回生の一発となった。というのも「左の代打」という新たなポジションをゲットしたからだ。

 ナインからは「スタメンでは打てなくても、右の矢野のように勝負強いところがある。1打席に集中する代打の方が向いているんじゃないか」と妙に感心する声も上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る