• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セペダ1.5億円、高橋由1.6億円…巨人の豪華代打要員

 巨人に“神様”が誕生した。

 18日のオリックス戦でスタメンから外れたフレデリク・セペダ(34)が、代打で一時は同点となる3ラン。「人生初の代打」と苦笑いしていた8日のロッテ戦でも一発を放った。代打では1四球を含む2打数2本塁打。3打席ですっかり代打の適性を見せている。

 ここまでの打率は.182。18試合任された4番はとっくに“クビ”になっている。原監督は「意地? 普通だよ。まあ、見事なホームランだけど」となんとも微妙な言い回しで、18日の本塁打をねぎらったものの、二軍落ちもささやかれていた助っ人にとっては、まさに起死回生の一発となった。というのも「左の代打」という新たなポジションをゲットしたからだ。

 ナインからは「スタメンでは打てなくても、右の矢野のように勝負強いところがある。1打席に集中する代打の方が向いているんじゃないか」と妙に感心する声も上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る