セペダ1.5億円、高橋由1.6億円…巨人の豪華代打要員

公開日: 更新日:

 巨人に“神様”が誕生した。

 18日のオリックス戦でスタメンから外れたフレデリク・セペダ(34)が、代打で一時は同点となる3ラン。「人生初の代打」と苦笑いしていた8日のロッテ戦でも一発を放った。代打では1四球を含む2打数2本塁打。3打席ですっかり代打の適性を見せている。

 ここまでの打率は.182。18試合任された4番はとっくに“クビ”になっている。原監督は「意地? 普通だよ。まあ、見事なホームランだけど」となんとも微妙な言い回しで、18日の本塁打をねぎらったものの、二軍落ちもささやかれていた助っ人にとっては、まさに起死回生の一発となった。というのも「左の代打」という新たなポジションをゲットしたからだ。

 ナインからは「スタメンでは打てなくても、右の矢野のように勝負強いところがある。1打席に集中する代打の方が向いているんじゃないか」と妙に感心する声も上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る