拮抗する準々決勝 試合の決め手になりうる「2つのポイント」

公開日:  更新日:

【日刊ゲンダイ本紙コラム「王国インサイドリポート」】

 短期決戦であるW杯ではちょっとした「差」が勝敗を決する。一発勝負である、決勝トーナメントではその傾向が強い。もっとも分かりやすい「差」とはストライカーの質である。元ブラジル代表監督のドゥンガはW杯と他の大会の違いをこう表現したものだ。

「Jリーグでは1試合のうち、6、7回のチャンスがある。一方、W杯では2回ほどしかチャンスが来ない。それを決められるかどうか」

 実際、ベスト8に残った国の選手がここまでの得点ランキングの上位を占めている。1位が5得点、コロンビアのハメス・ロドリゲス(22)、2位の4得点に、ブラジルのネイマール(22)、アルゼンチンのメッシ(27)、ドイツのミュラー(24)、その後、3得点のオランダのファンペルシー(30)、ロッベン(30)、フランスのベンゼマ(26)などが続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る