拮抗する準々決勝 試合の決め手になりうる「2つのポイント」

公開日: 更新日:

【日刊ゲンダイ本紙コラム「王国インサイドリポート」】

 短期決戦であるW杯ではちょっとした「差」が勝敗を決する。一発勝負である、決勝トーナメントではその傾向が強い。もっとも分かりやすい「差」とはストライカーの質である。元ブラジル代表監督のドゥンガはW杯と他の大会の違いをこう表現したものだ。

「Jリーグでは1試合のうち、6、7回のチャンスがある。一方、W杯では2回ほどしかチャンスが来ない。それを決められるかどうか」

 実際、ベスト8に残った国の選手がここまでの得点ランキングの上位を占めている。1位が5得点、コロンビアのハメス・ロドリゲス(22)、2位の4得点に、ブラジルのネイマール(22)、アルゼンチンのメッシ(27)、ドイツのミュラー(24)、その後、3得点のオランダのファンペルシー(30)、ロッベン(30)、フランスのベンゼマ(26)などが続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る