メッシとネイマール 2人のエースが背負う「10番」の意味

公開日:  更新日:

 やはり最後はメッシだった――。前半からメッシは何度もミドルシュートを狙っていた。その姿からは、自分がアルゼンチン代表を引っ張るのだという覚悟が感じられた。まさに背番号10のプレーだった。

 背番号はサッカーの世界では、単なる数字ではなく、チームの中の役割を意味する。ブラジルでは子どもでさえも、自分に配られたユニホームの背番号で、ポジションとどのようなプレーをすべきか理解する。もっとも、4-4-2、あるいは、4-2-3-1、4-3-3とフォーメーションによって、背番号の役割は変わる。

 しかし、9番がストライカー、そして、10番がゲームをコントロールする中心選手であることは変わらない。

 元ブラジル代表FWのカレッカが、「9番」について実に簡潔な説明をしてくれた。カレッカは86年メキシコW杯でブラジル代表の9番をつけている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る