「マラカナンの悲劇」を回避 ブラジルにはまだツキがある

公開日:  更新日:

「ブラジルは優勝する力はある。ただ……若い選手たちは、W杯特有のプレッシャーに慣れなければならない」

 大会前、元ブラジル代表GKだったジウマールは、ネイマールたち中心選手にW杯の経験がないことを不安視していた。ブラジルは1次リーグを2勝1分けで勝ち抜いたものの、完全に試合を支配していたとは言えない。決勝トーナメント1回戦でチリを相手にPK戦までもつれ込むことは必然だったのかもしれない。PK戦終了後、涙を流すネイマールの姿はブラジルが追い込まれていたことを雄弁に物語っていた。

 次の相手はウルグアイを破ったコロンビア。現在得点王のハメス・ロドリゲスを擁し、かなり厄介な相手である。ただ、ブラジルの選手はウルグアイでなくて良かったと胸をなで下ろしているはずだ。

 南米の国々はブラジルとアルゼンチンという攻撃力のある国と伍(ご)するために一般的に守備が強い。中でもウルグアイは激しく、汚い。元ブラジル代表監督だったドゥンガは「ウルグアイの選手から股間をつかまれたり、針のようなものを隠し持って刺されたことがある」と教えてくれたことがある。相手の嫌がることをやり、集中力を削(そ)ぐのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る