「マラカナンの悲劇」を回避 ブラジルにはまだツキがある

公開日: 更新日:

「ブラジルは優勝する力はある。ただ……若い選手たちは、W杯特有のプレッシャーに慣れなければならない」

 大会前、元ブラジル代表GKだったジウマールは、ネイマールたち中心選手にW杯の経験がないことを不安視していた。ブラジルは1次リーグを2勝1分けで勝ち抜いたものの、完全に試合を支配していたとは言えない。決勝トーナメント1回戦でチリを相手にPK戦までもつれ込むことは必然だったのかもしれない。PK戦終了後、涙を流すネイマールの姿はブラジルが追い込まれていたことを雄弁に物語っていた。

 次の相手はウルグアイを破ったコロンビア。現在得点王のハメス・ロドリゲスを擁し、かなり厄介な相手である。ただ、ブラジルの選手はウルグアイでなくて良かったと胸をなで下ろしているはずだ。

 南米の国々はブラジルとアルゼンチンという攻撃力のある国と伍(ご)するために一般的に守備が強い。中でもウルグアイは激しく、汚い。元ブラジル代表監督だったドゥンガは「ウルグアイの選手から股間をつかまれたり、針のようなものを隠し持って刺されたことがある」と教えてくれたことがある。相手の嫌がることをやり、集中力を削(そ)ぐのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る