「マラカナンの悲劇」を回避 ブラジルにはまだツキがある

公開日: 更新日:

「ブラジルは優勝する力はある。ただ……若い選手たちは、W杯特有のプレッシャーに慣れなければならない」

 大会前、元ブラジル代表GKだったジウマールは、ネイマールたち中心選手にW杯の経験がないことを不安視していた。ブラジルは1次リーグを2勝1分けで勝ち抜いたものの、完全に試合を支配していたとは言えない。決勝トーナメント1回戦でチリを相手にPK戦までもつれ込むことは必然だったのかもしれない。PK戦終了後、涙を流すネイマールの姿はブラジルが追い込まれていたことを雄弁に物語っていた。

 次の相手はウルグアイを破ったコロンビア。現在得点王のハメス・ロドリゲスを擁し、かなり厄介な相手である。ただ、ブラジルの選手はウルグアイでなくて良かったと胸をなで下ろしているはずだ。

 南米の国々はブラジルとアルゼンチンという攻撃力のある国と伍(ご)するために一般的に守備が強い。中でもウルグアイは激しく、汚い。元ブラジル代表監督だったドゥンガは「ウルグアイの選手から股間をつかまれたり、針のようなものを隠し持って刺されたことがある」と教えてくれたことがある。相手の嫌がることをやり、集中力を削(そ)ぐのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

  3. 3
    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る

    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る

  4. 4
    飯野矢住代誕生秘話<15>金子ノブアキ、KenKenの異母兄は生きていたら52歳に

    飯野矢住代誕生秘話<15>金子ノブアキ、KenKenの異母兄は生きていたら52歳に

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

  2. 7
    眞子さまが小室圭さんとの結婚を諦めなかった「2つの理由」…耐えて耐えて初志貫徹の執念

    眞子さまが小室圭さんとの結婚を諦めなかった「2つの理由」…耐えて耐えて初志貫徹の執念

  3. 8
    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

  4. 9
    “ロン毛ポニテ”小室圭さんの脂ギッシュな帰国報道 普通の芸能ニュースでは太刀打ちできない

    “ロン毛ポニテ”小室圭さんの脂ギッシュな帰国報道 普通の芸能ニュースでは太刀打ちできない

  5. 10
    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止

    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止