中4日で孤軍奮闘もついに…マー君が故障者リスト入り

公開日: 更新日:

 メジャートップの12勝(4敗)をマークしているルーキー右腕が、ついにパンクした。ヤンキースは9日(日本時間10日)、田中将大(25)を右肘の炎症で故障者リスト(DL)に入れたと発表。復帰は最短でも23日のレンジャーズ戦となる。

 田中は8日のインディアンス戦に登板したが、自己ワーストの10安打、5失点と乱調。6回3分の2で降板した。チームの発表によれば、試合後に肘の違和感を訴え、9日に遠征先のクリーブランドからニューヨークに戻ってMRI検査を受けたという。

 チームドクターが不在のため、詳細な診断結果は明らかになっていないが、ジラルディ監督は「深刻なケガではないと思うが、痛みがあるようだ」と説明した。

 メジャー1年目の田中は、ここまで18試合に登板して12勝4敗、防御率2・51。6月28日のレッドソックス戦では今季3度目の完投で、デビュー戦から16試合連続クオリティースタート(6回以上を3自責点以内)のメジャータイ記録に並んだ。エース左腕サバシアら開幕時の先発投手が3人も離脱する異常事態の中、一度もローテーションを飛ばさず、孤軍奮闘。5月には6試合で1完封を含む5勝1敗、防御率1・88と好調で、日本人ルーキーで95年6月の野茂英雄(ドジャース)以来、2人目の月間MVPを受賞した。オールスター(15日、ミネアポリス)には選手間投票でトップの327票を集めて選出されたばかりだった。

 開幕前、日本での登板過多(通算1315・0回)を危惧する声は少なくなかった。161億円右腕の肉体はメジャーの中4日の登板間隔に耐え切れなかったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る