QSタイ記録も…今後も期待できないマー君への味方の援護

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(25)が、2試合連続で敗れた。28日(日本時間29日)のレッドソックス戦は9回を2本塁打を含む7安打2失点。これで16試合連続クオリティースタート(QS=6回3失点以内)。73年にエクスポズ(現ナショナルズ)のロジャーズがマークしたデビュー戦からのメジャー記録に並んだが、打線の援護に恵まれず3敗目(11勝)。前回(22日)のオリオールズ戦に続き、自身初の連敗を喫した。

 田中が同点の九回2死から5番ナポリに許した本塁打について「投げたい所に投げられなかったのでしょうがないというのはあるが、最悪の結果になってしまった。あのように打たれるのは、力がないということ」と振り返ったように、不用意な一球だった。

「全体の投球内容としては十分に合格点ですが」と、NHK大リーグ中継で、この試合の解説を務めた評論家の武田一浩氏が日刊ゲンダイの取材にこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る