QSタイ記録も…今後も期待できないマー君への味方の援護

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(25)が、2試合連続で敗れた。28日(日本時間29日)のレッドソックス戦は9回を2本塁打を含む7安打2失点。これで16試合連続クオリティースタート(QS=6回3失点以内)。73年にエクスポズ(現ナショナルズ)のロジャーズがマークしたデビュー戦からのメジャー記録に並んだが、打線の援護に恵まれず3敗目(11勝)。前回(22日)のオリオールズ戦に続き、自身初の連敗を喫した。

 田中が同点の九回2死から5番ナポリに許した本塁打について「投げたい所に投げられなかったのでしょうがないというのはあるが、最悪の結果になってしまった。あのように打たれるのは、力がないということ」と振り返ったように、不用意な一球だった。

「全体の投球内容としては十分に合格点ですが」と、NHK大リーグ中継で、この試合の解説を務めた評論家の武田一浩氏が日刊ゲンダイの取材にこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る