ヤ軍首脳陣が決断 2敗目を喫したマー君に「強制休養命令」

公開日: 更新日:

「疲れて当たり前」

 開幕から快進撃を続けるルーキー右腕に待ったがかかった。

 ここまで15試合に登板し、メジャートップの11勝(2敗)をマークしているヤンキース・田中将大(25)。開幕から2カ月半が過ぎ、ここにきてやや陰りが見え始めた。2敗目を喫した22日のオリオールズ戦は7回3失点のクオリティースタート(6回を3失点以内)ながら投球はアップアップ。直球の最速は151キロと田中にしては物足りなく、武器であるスプリット、スライダーはキレを欠いた。

 初めて経験するメジャーのシーズン、米国の生活で疲労はピークに達しているのは明らかだ。11勝目を挙げた17日のブルージェイズ戦にはルーティンである登板3日前の投球練習を回避し、ノースローで臨んだほどだった。

 そんな田中に首脳陣のメスが入った。ルーキー右腕の体調を考慮して次回は28日のレッドソックス戦に休日を挟んで中5日で起用することになった。5月以降は試合が雨で流れて登板順がずれた6月11日のマリナーズ戦を除けば、原則として中4日のローテーションを守ってきた。ジラルディ監督は「今まで(日本では)週に1回の登板間隔だったから、疲れて当たり前。今の彼には休養が必要だ」と登板間隔に余裕を持たせて万全の状態で起用するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る