ヤ軍首脳陣が決断 2敗目を喫したマー君に「強制休養命令」

公開日:  更新日:

「疲れて当たり前」

 開幕から快進撃を続けるルーキー右腕に待ったがかかった。

 ここまで15試合に登板し、メジャートップの11勝(2敗)をマークしているヤンキース・田中将大(25)。開幕から2カ月半が過ぎ、ここにきてやや陰りが見え始めた。2敗目を喫した22日のオリオールズ戦は7回3失点のクオリティースタート(6回を3失点以内)ながら投球はアップアップ。直球の最速は151キロと田中にしては物足りなく、武器であるスプリット、スライダーはキレを欠いた。

 初めて経験するメジャーのシーズン、米国の生活で疲労はピークに達しているのは明らかだ。11勝目を挙げた17日のブルージェイズ戦にはルーティンである登板3日前の投球練習を回避し、ノースローで臨んだほどだった。

 そんな田中に首脳陣のメスが入った。ルーキー右腕の体調を考慮して次回は28日のレッドソックス戦に休日を挟んで中5日で起用することになった。5月以降は試合が雨で流れて登板順がずれた6月11日のマリナーズ戦を除けば、原則として中4日のローテーションを守ってきた。ジラルディ監督は「今まで(日本では)週に1回の登板間隔だったから、疲れて当たり前。今の彼には休養が必要だ」と登板間隔に余裕を持たせて万全の状態で起用するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る