ヤ軍首脳陣が決断 2敗目を喫したマー君に「強制休養命令」

公開日: 更新日:

「疲れて当たり前」

 開幕から快進撃を続けるルーキー右腕に待ったがかかった。

 ここまで15試合に登板し、メジャートップの11勝(2敗)をマークしているヤンキース・田中将大(25)。開幕から2カ月半が過ぎ、ここにきてやや陰りが見え始めた。2敗目を喫した22日のオリオールズ戦は7回3失点のクオリティースタート(6回を3失点以内)ながら投球はアップアップ。直球の最速は151キロと田中にしては物足りなく、武器であるスプリット、スライダーはキレを欠いた。

 初めて経験するメジャーのシーズン、米国の生活で疲労はピークに達しているのは明らかだ。11勝目を挙げた17日のブルージェイズ戦にはルーティンである登板3日前の投球練習を回避し、ノースローで臨んだほどだった。

 そんな田中に首脳陣のメスが入った。ルーキー右腕の体調を考慮して次回は28日のレッドソックス戦に休日を挟んで中5日で起用することになった。5月以降は試合が雨で流れて登板順がずれた6月11日のマリナーズ戦を除けば、原則として中4日のローテーションを守ってきた。ジラルディ監督は「今まで(日本では)週に1回の登板間隔だったから、疲れて当たり前。今の彼には休養が必要だ」と登板間隔に余裕を持たせて万全の状態で起用するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

もっと見る