下馬評ではメッシよりミュラーだが…W杯得点王のうまみ

公開日:  更新日:

 ブラジルW杯の得点王争いは、準々決勝で敗退したコロンビア代表FWロドリゲス(23)が6点でトップに立っている。
 そして史上初の2大会連続得点王を狙うドイツ代表FWミュラー(24)が1点差で続き、4点のアルゼンチン代表FWメッシ(27)、3点のオランダ代表FWファンペルシー(30)とロッベン(30)の5人にタイトルの可能性が絞られている。

 日本時間14日早朝の決勝ではミュラーとメッシが直接対決する。
 下馬評ではミュラーの得点王で決まりだろう、という声が多い。20歳で初出場した南アフリカW杯では、5得点を決めて得点王に輝いた実績がある。今大会は準決勝ブラジル戦で大量7得点の口火を切る先制ゴールを挙げてチームに勢いをつけた。豊富な運動量と献身的なプレーが特徴で、ゴールを狙う嗅覚も鋭い。
 アルゼンチンとの決勝で1ゴール決めて「ロドリゲスと2人で得点王を分け合う」というのが大方の見方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る