取材した記者が異口同音「メッシは何も考えていない」

公開日:  更新日:

 アルゼンチン代表FWメッシ(27)と一度でも会話を交わした人は、同じセリフを口にするという。

「上の空で人の話を聞いている。視線も定まらない感じ。何を考えているのか、見当もつかない」

 これは、メッシが所属するFCバルセロナがクラブW杯に出場した際、インタビューを行った某日本人メディア関係者のコメントでだ。同じ印象を抱く同業者は多い。某スポーツ紙記者は、旧知のスペイン人記者から「メッシは絶対にヘン」と聞かされた。

「言動が幼稚過ぎる。子どもが、そのまま大人になった印象しかない。服装も無頓着。普段はジーパンにシャツ姿だが、たまにシャツの裾がジーパンからはみ出している。だらしないのではなく、何も考えてない――といった風情なんですよねぇ」

 メッシには、恋人アントネージャとの間に1歳半の長男がいる。ある試合前のセレモニーに長男を抱きかかえて登場したメッシ。子どものおしゃぶりをくわえておどけてみせた。

「幼児みたいなメッシにはお似合いだった」とは、その場に居合わせた前出のスペイン人記者の弁である――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る