鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

フィールドプレーヤー並み ドイツを救ったノイアーの「足技」

公開日: 更新日:

 優勝候補のドイツ代表がベスト8に進出したが、内容は大苦戦だった。この日のアルジェリア代表は前線に一人も選手を残さず、まずは守備を固めて、ボールを奪ったらFWスリマニ、MFフェグリのスピードを生かすカウンター攻撃を徹底してきた。

 アルジェリアの選手全員が自陣に引いて守っているので、ドイツが押し上げるためにはDFラインをセンターサークルを越えるところまで高くせざるをえない。しかし、ドイツのCB2人はスピードに不安がある。そのため、スリマニやフェグリにDFラインの裏を取られ、決定的ピンチを何度もつくってしまった。

 ドイツの弱点を突いたアルジェリアの戦術にまんまとハマったといっていい。それを救ったのがGKノイアー(28)だった。

 CBが相手に振り切られても、積極的にペナルティーエリアの外まで出てスライディングでクリアするシーンが何度もあったし、ヘディングでピンチを逃れた場面もあった。この試合のMVPといっていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る