鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

フィールドプレーヤー並み ドイツを救ったノイアーの「足技」

公開日: 更新日:

 優勝候補のドイツ代表がベスト8に進出したが、内容は大苦戦だった。この日のアルジェリア代表は前線に一人も選手を残さず、まずは守備を固めて、ボールを奪ったらFWスリマニ、MFフェグリのスピードを生かすカウンター攻撃を徹底してきた。

 アルジェリアの選手全員が自陣に引いて守っているので、ドイツが押し上げるためにはDFラインをセンターサークルを越えるところまで高くせざるをえない。しかし、ドイツのCB2人はスピードに不安がある。そのため、スリマニやフェグリにDFラインの裏を取られ、決定的ピンチを何度もつくってしまった。

 ドイツの弱点を突いたアルジェリアの戦術にまんまとハマったといっていい。それを救ったのがGKノイアー(28)だった。

 CBが相手に振り切られても、積極的にペナルティーエリアの外まで出てスライディングでクリアするシーンが何度もあったし、ヘディングでピンチを逃れた場面もあった。この試合のMVPといっていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る