“上から目線”が一変…小林宏之が独立リーグで学んだこと

公開日: 更新日:

「やるからには死ぬ気で全力でやりたい。やらなくちゃいけないという責任感の方が強いです。ここでやらないと男じゃない」

 22日に行われた入団会見。まるで新人選手のように熱い口調でこう語ったのが2年ぶりにプロ球界に復帰した小林宏之(36=BC信濃)だ。

 長年ロッテで主力投手として活躍。プロ11年で通算75勝(74敗、29セーブ)の好成績も、11年にFAで阪神入り後は鳴かず飛ばず。わずか2年でクビになった後は、BCリーグに拾われていた。

 そんな「過去の人」の西武入りで周囲が驚いたのはその変貌ぶりだ。

 ロッテ、阪神時代から小林は、報道陣と話をする時は常に「上から目線」。人の目を見ないで小声で話すことも珍しくなかった。

 ところが、この日はまるで別人。冒頭のコメントのように口調がハキハキとしていただけでなく、背筋をピンと伸ばし、しっかり人の目を見て話す。過去の「コバヒロ」を知る記者たちは「?」と顔を見合わせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る