“上から目線”が一変…小林宏之が独立リーグで学んだこと

公開日: 更新日:

「やるからには死ぬ気で全力でやりたい。やらなくちゃいけないという責任感の方が強いです。ここでやらないと男じゃない」

 22日に行われた入団会見。まるで新人選手のように熱い口調でこう語ったのが2年ぶりにプロ球界に復帰した小林宏之(36=BC信濃)だ。

 長年ロッテで主力投手として活躍。プロ11年で通算75勝(74敗、29セーブ)の好成績も、11年にFAで阪神入り後は鳴かず飛ばず。わずか2年でクビになった後は、BCリーグに拾われていた。

 そんな「過去の人」の西武入りで周囲が驚いたのはその変貌ぶりだ。

 ロッテ、阪神時代から小林は、報道陣と話をする時は常に「上から目線」。人の目を見ないで小声で話すことも珍しくなかった。

 ところが、この日はまるで別人。冒頭のコメントのように口調がハキハキとしていただけでなく、背筋をピンと伸ばし、しっかり人の目を見て話す。過去の「コバヒロ」を知る記者たちは「?」と顔を見合わせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る