“上から目線”が一変…小林宏之が独立リーグで学んだこと

公開日:  更新日:

「やるからには死ぬ気で全力でやりたい。やらなくちゃいけないという責任感の方が強いです。ここでやらないと男じゃない」

 22日に行われた入団会見。まるで新人選手のように熱い口調でこう語ったのが2年ぶりにプロ球界に復帰した小林宏之(36=BC信濃)だ。

 長年ロッテで主力投手として活躍。プロ11年で通算75勝(74敗、29セーブ)の好成績も、11年にFAで阪神入り後は鳴かず飛ばず。わずか2年でクビになった後は、BCリーグに拾われていた。

 そんな「過去の人」の西武入りで周囲が驚いたのはその変貌ぶりだ。

 ロッテ、阪神時代から小林は、報道陣と話をする時は常に「上から目線」。人の目を見ないで小声で話すことも珍しくなかった。

 ところが、この日はまるで別人。冒頭のコメントのように口調がハキハキとしていただけでなく、背筋をピンと伸ばし、しっかり人の目を見て話す。過去の「コバヒロ」を知る記者たちは「?」と顔を見合わせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る