チームに笑顔…西武・田辺監督代行が「代行」でなくなる日

公開日: 更新日:

「どっちが勝った !?  え、見てないのかよ~」

 西武の森本が笑いながら大げさに天を仰ぐ。練習中、同じ移籍組の脇谷と短距離ダッシュで競走し、近くにいた球団広報に勝敗を聞いたときの一場面だ。

 6月4日に伊原監督が休養(現在は辞任し、球団付アドバイザーに就任)。口やかましい前任者に代わって田辺監督代行が就任して以来、西武の選手に明るい笑顔が戻ってきた。

 もっか西武は29勝42敗(4日現在)。借金13で最下位と苦しんでいるものの、田辺監督代行が指揮を執ってからは8勝8敗と勝率5割を維持している。

 雰囲気だけでなく、野球も変わった。田辺監督代行は采配について、こう話す。

「まあ、ある程度選手はいるしね。なるべくこっちからは指示を出さないようにしている。選手任せ? というより、選手に考えさせるってこと。例えば、『当然、この場面ではベンチからこういうサインがくるよな』と選手が頭に思い浮かべる。そこでベンチのサインを見て、考えが合っているかどうかを確認するという形。投手とか専門外の分野はどうしているかって? そこは担当コーチがいるから任せている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る