チームに笑顔…西武・田辺監督代行が「代行」でなくなる日

公開日:  更新日:

「どっちが勝った !?  え、見てないのかよ~」

 西武の森本が笑いながら大げさに天を仰ぐ。練習中、同じ移籍組の脇谷と短距離ダッシュで競走し、近くにいた球団広報に勝敗を聞いたときの一場面だ。

 6月4日に伊原監督が休養(現在は辞任し、球団付アドバイザーに就任)。口やかましい前任者に代わって田辺監督代行が就任して以来、西武の選手に明るい笑顔が戻ってきた。

 もっか西武は29勝42敗(4日現在)。借金13で最下位と苦しんでいるものの、田辺監督代行が指揮を執ってからは8勝8敗と勝率5割を維持している。

 雰囲気だけでなく、野球も変わった。田辺監督代行は采配について、こう話す。

「まあ、ある程度選手はいるしね。なるべくこっちからは指示を出さないようにしている。選手任せ? というより、選手に考えさせるってこと。例えば、『当然、この場面ではベンチからこういうサインがくるよな』と選手が頭に思い浮かべる。そこでベンチのサインを見て、考えが合っているかどうかを確認するという形。投手とか専門外の分野はどうしているかって? そこは担当コーチがいるから任せている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る