松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

サッカーも政治もいつまで外国人ににゃんにゃんし続けるのだ

公開日:  更新日:

 サッカーの日本代表監督はいつまで外国人に頼るんだろう?

 岡ちゃんがベスト16まで行ったんだから次はそれよりハードルが高くなる。ダメだったら袋叩きに遭うし、退任しても同じ日本国民で逃げ場はない。一生ダメな監督の烙印と向き合って生き続けなければならない。火中の栗を拾って自分も火だるまになるのはイヤだ、と恐れをなしているんだろうか、日本の指導者どもは。ザッケローニの後任を決める前に4年間の総括をすべきであると、みんな言っていた。それがグループリーグ敗退が決まった途端、次はアギレが有力と協会の幹部がリークする。総括もへったくれもあったもんじゃない。トットとアギレで手を打ったのだ。

 それでもまあザッケローニからアギーレへのバトンタッチに、

「あぎれてモノが言えんわい!」

 とか、そういうおちゃらけを言わなかったのは、ザックが抗日ではなく、好日家だった上に、サッカー先進国の指導者にしてはそれをひけらかさず、自ら東洋の島国に溶け込もうとした「よいお父さん」だったからである。ネットで騒ぐのが好きな匿名連中だって、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る