松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

サッカーも政治もいつまで外国人ににゃんにゃんし続けるのだ

公開日: 更新日:

 サッカーの日本代表監督はいつまで外国人に頼るんだろう?

 岡ちゃんがベスト16まで行ったんだから次はそれよりハードルが高くなる。ダメだったら袋叩きに遭うし、退任しても同じ日本国民で逃げ場はない。一生ダメな監督の烙印と向き合って生き続けなければならない。火中の栗を拾って自分も火だるまになるのはイヤだ、と恐れをなしているんだろうか、日本の指導者どもは。ザッケローニの後任を決める前に4年間の総括をすべきであると、みんな言っていた。それがグループリーグ敗退が決まった途端、次はアギレが有力と協会の幹部がリークする。総括もへったくれもあったもんじゃない。トットとアギレで手を打ったのだ。

 それでもまあザッケローニからアギーレへのバトンタッチに、

「あぎれてモノが言えんわい!」

 とか、そういうおちゃらけを言わなかったのは、ザックが抗日ではなく、好日家だった上に、サッカー先進国の指導者にしてはそれをひけらかさず、自ら東洋の島国に溶け込もうとした「よいお父さん」だったからである。ネットで騒ぐのが好きな匿名連中だって、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る