謙虚でマジメ…デスパイネのキューバ人らしからぬ“評判”

公開日:  更新日:

「ラテン気質」じゃないとすれば、期待できるかもしれない。29日の日本ハム戦でデビューしたロッテのキューバ人助っ人・デスパイネ(28)のことだ。チームに合流してまだ数日しか経っていないものの、周囲の評判は上々。ある選手は「気難しい人かと思っていたけど、意外と親しみが持てる」と話す。

 この助っ人、これまでキューバから来日したセペダ(巨人)やグリエル(DeNA)とは違い、予想以上に「謙虚でマジメ」と評判なのだ。

 まずは時間に正確だ。助っ人の多くは時間にルーズ。中でも中南米選手は時間を守らない傾向があって、宿舎からの出発時間や練習開始時間に平気で遅刻することも珍しくない。ところが、デスパイネは、来日してから一度も集合時間などに遅刻したことがないどころか、約束の時間より10分程度前に来ることもあるとか。

■球団は「特別食」を用意も…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る